庭を楽しめるリビング


 
「都会の小さな森の家」のリビングは玄関を入って正面の空間。
「小さな森」を感じるガーデニングを楽しめるリビングです。

庭を見て楽しめるリラックススペース

「都会の小さな森の家」は、旗竿地のコンパクトな敷地で「庭の植物を見て楽しむ」ことをテーマにしています。
リビングは庭を見て楽しめるリラックススペースとしてデザインしました。
本を読む時間、朝日を浴びてヨガをする時間、テレビを見てリラックスする時間。そのような時間に庭を感じられるような空間です。
コンパクトな間取りではありますが、リビングとダイニングは空間を分けています。
家のいろんな場所に「居場所」を感じるためでもあり、その「居場所」から庭を感じることを考えているからです。

庭を眺めるリビング
庭を眺めるリビング

家に入ってすぐに心地良さを感じる

このリビングには、玄関から直に入ることができます。
玄関とリビングをつなぐ扉のガラスからぼんやりと庭のグリーンが見えるので、この家に入った瞬間に「庭の植物を見て楽しむ」ことができます。

玄関から入って庭のグリーンを感じるリビング
玄関から入って庭のグリーンを感じるリビング

グレーをベースとした落ち着いたインテリア

リビングは壁紙やソファを暖かみのあるグレーにしました。
白ベースで明るくするのではなく、リラックス空間なので少し色のトーンを暗くすることで落ち着くインテリアにしています。
グレーをベースにしているのでレースカーテンやブラケット照明はマットな白にしています。
テレビ台の上には間接照明を設け、照明をつけない時間帯も高窓から光が入るよう工夫しています。
テレビ台の横にはガスファンヒーターを収納できるスペースを確保しました。

グレーベースの落ち着くリビング
グレーベースの落ち着くリビング