古い造り付け本棚を再利用した子ども部屋


 
「昭和ガラスの家」の子ども部屋は広く設けた1室の間にパーティションを設けて2室にしています。将来的にはパーティションを撤去して1室にすることも可能です。
天井を撤去して古い梁を見せ、勾配天井にしたので広々とした空間になりました。

梁を見せて勾配天井にした子ども部屋

元々2室の和室だった部屋の天井を撤去し、勾配天井にしました。古い梁も露出させています。
屋根の張替をする際に屋根断熱にしたので、屋根からの暑さも軽減しています。

子ども部屋の古い梁と照明
子ども部屋の古い梁と照明

ロフトとつながる子ども部屋

廊下部分はロフトになっているのでロフトを介して2階の個室はそれぞれつながっています。

ロフトと子ども部屋はつながっています
ロフトと子ども部屋はつながっています

古い造り付け本棚を再利用する

古い造り付け本棚を活かしたい。これは最初のご相談の時からの希望でした。
活かしながら工事をするのは大変ではありましたが、本棚があることでとても雰囲気の良い子ども部屋になりました。

リノベーション前の家に設けられていた本棚を活かしました
リノベーション前の家に設けられていた本棚を活かしました