漆喰壁、杉の腰壁、コルク床のトイレ


 
「柚子の実る家」のトイレは1、2階共壁は漆喰塗装、杉の腰壁、コルク床の仕上げにしています。
自然素材は使いたいけれど、汚れるのが不安、ということで腰壁やコルク床を採用しました。
扉は1階、2階とも開き戸から引き戸に作り変えています。

素材感の良いトイレ

リノベーション前の2階トイレは冷たい印象のタイル仕上げのトイレでした。
壁仕上げは他の室内と同じ漆喰塗料仕上げですが、トイレは汚れるのが心配。
壁をビニールクロスにすることも検討しましたが、素材の良さをトイレでも活かしたいという思いがあり、杉板の腰壁を貼りました。
床はコルク。とても温かみのある仕上がりになりました。

杉の腰板を貼り、壁は漆喰、床はコルクの2階トイレです
杉の腰板を貼り、壁は漆喰、床はコルクの2階トイレです

1階のトイレはリノベーション前の設備を再利用

1階のトイレも2階と同じ床・壁仕上げとしていますが、1階にリノベーション前に使用していた設備は新しかったので再利用しています。
扉を開き戸から引き戸に変えています。

1階のトイレはリノベーション前の機器を活かしています
1階のトイレはリノベーション前の機器を活かしています

オリジナルのステンドグラス照明を使用

2階のトイレにはオリジナルのステンドグラス照明を設けました。
このガラスは奥様と一緒に選びに行き、色のガラスも一緒にセレクトしました。
漆喰の壁、天井に光がうつりこんで、とても美しいステンドグラス照明です。

2階トイレに設けたオリジナルのステンドグラス照明
2階トイレに設けたオリジナルのステンドグラス照明