共働き夫婦のための収納力あるキッチン


 
「インナーテラスのある家」のキッチンはリビングダイニングと一体の空間なので、すっきり片付く収納力のあるキッチンにしました。
収納方法や家事の仕方まで何度もお話することで少しずつ形が決まり、収納の定位置や余白もしっかり設けたキッチンです。

すっきり片付くキッチン収納

リビングダイニングからの見え方をすっきりさせ、コンロからの汚れをさけるためにキッチンカウンターから少し立上りを設けています。
キッチン背面のカウンターは作業をするには少し高めのカウンターなのですが、正面の立上りカウンターと同じ高さになっています。

キッチン側の足元にはあまり見せたくない「ゴミ箱スペース」や「ふきん」「まな板」置場があり、キッチン両サイドにはサービスバルコニー、パントリーがあります。
そのため頻繁に使わないものやストックはパントリー、ごみの分別はサービスバルコニーという見えない場所に置けるので、見える部分は頻繁に使うものに限定して収納することが可能です。

例えば背面収納の吊戸棚の一番下の段は固定棚。
この部分に収納するのは「お盆」などのトレイで浅い棚でOK。
吊戸棚は実際一番下の段しか使えないことが多いので、敢えて一番下の段を浅いトレイ用の収納として、下から2段目もしっかり使えるように考えています。
そしてこの位置に浅い収納スペースがあると、お盆をそのままおろして下のカウンターで配膳という作業につながります。

収納するもののサイズに合わせて製作したオーダーキッチン
収納するもののサイズに合わせて製作したオーダーキッチン。奥はサービスバルコニー。

ガスコンロと周辺の収納

キッチン幅は2700mmで、一番奥はガスコンロです。
キッチンには少し立上りを設けて水はねや油はねしにくいようになっていますが、メンテナンスの事を考えオイルガードを設けています。
ガスコンロの下はお鍋などを入れられる引出しに。
内引出しがあるので蓋やフライパンなど浅いものも分けて収納できます。
また、サラダ油などのボトル類のような立てて収納したい物のために、可動式のバーを一本取付けています。

コンロ下の収納
コンロ下の収納

シンク下のオープンスペース

シンクの下はオープンに。
白のバックパネルは簡単に取り外しできて、浄水器のカートリッジ交換や排水のメンテナンスもしやすくなっています。
このオープンの部分にステンレスバーを4本通しています。

このバーにふきんやタオルをかけることができますし、4本通しているのでまな板を置くことができます。
木の大きなまな板を使っているので、湿った状態のまな板を見える場所で乾かすのも嫌だし、キャビネットの中ではきっと乾きにくいだろうと思い、建築主と意見交換する中でこのアイディアが生まれました。

シンク下はタオル、まな板置きスペース。
シンク下はタオル、まな板置きスペース。

たっぷり要領のガゲナウの食洗器を使用

コンロの横はガゲナウの600幅食洗機。
容量もとても大きいのですが、引出がカウンターラインより手前まで出てくるのでとても使いやすいと評判の食洗器です。
音も小さくて、これだけ入れば家事が楽になりますね。

ガゲナウW600の食洗機
ガゲナウW600の食洗機

キッチン背面収納の工夫

下部収納は内引出も合わせると4段の引出。奥行もありますのでたっぷり収納できます。
一番奥は家電収納スペース。炊飯器とホームベーカリー用の二つのスライド棚があります。
その下の低く浅い引き出しはホットプレートなどの定位置。
頻繁に使うものではないからこそ、少し低くて取り出しにくい位置を有効利用しています。

炊飯器、ホットプレートの定位置
炊飯器などを置くスライドトレー。下の低く浅い引き出しはホットプレートなどの定位置。

ママの持ち物定位置にもなるパントリー

インナーテラスのある家のキッチン横には、ママの持ち物定位置にもなるパントリーがあります。
もともとは、ちょっとした書類を書いたり整理したりできるように提案したパントリー内のデスクですが、ママのカバンや仕事に関連する物、買い物したものをちょっと置いておくのにも重宝しているようです。

さらに、来客時にさっと片づけて置いておく、隠し場所にもなります!
来客時は扉を閉めておけばすっきり。

ここにはFAXを置けるように電話端子も設けています。
もちろん、内部には可動棚がたくさんあるので食品庫としてもたっぷり収納でき、窓も設けているので風が通るよう計画してあります。

PC作業なども可能のパントリー
小さなデスクを設け、PC作業なども可能のパントリー