洗濯部屋干しのインナーテラス


 

「インナーテラスの家」というタイトルの元となる空間。

実際はバルコニーに面した「室内」ではあるのですが、半屋外のような使い方も可能で風通しの良い部屋干し空間になります。
また、ここには床暖房も入っていて、洗濯物を干している時にあたたかく、近くでお子さんが遊んでいても安全な空間です。

過ごす場所と物干し空間を分ける

住まいの悩み相談などに訪問すると、いつも気になることがあります。
それは、洗濯物。
お客さんを招く部屋(リビングやダイニング)から、洗濯物が丸見えの家が多いのです。

一番乾く場所だから仕方ない、と思いがちですが
洗濯物が見えて生活感が溢れると、日常の「リラックスしたい時間」も生活感の中に。
可能である限り、家のリラックス空間、過ごす場所と物干し空間を分けたいと思っています。

リビングから見たインナーテラス
リビングから見たインナーテラス。階段室を介しているので丸見えではありません。

家事動線が短くなる洗濯スペース

また、洗面所から衣類を洗濯機に入れ、洗った洗濯ものをインナーテラスから出すことができます。
ドラム式の洗濯機は使わない、という「暮らし方」から可能になった家事動線です。
近接して室内干し用の電動物干し竿があるので、外干しするときも一度ここでハンガーにかけることが可能です。
風通しを考えた計画なので室内干しも可能です。
室内干しをしやすいように扇風機を使われていますが、扇風機用のコンセントも確保しています。

そして洗濯物を取り込んだ時も衣類はすぐ横の洗面所とインナーテラス内の収納、さらに階段をあがって正面にあるウォークインクローゼットに収納できるので短い距離で衣類を全て収納できます。
もちろん洗濯用品もインナーテラス内の収納に片づけられます。
脱衣、洗濯、物干、収納の一連の流れの動線を短くし、家事負担を軽減しています。
作業をする場所だけではなく、片づける場所との関連付けが家事動線には重要なポイントなのです。

インナーテラス内に収納
インナーテラス内の収納にストック品、洗濯用品、掃除用品など。可動棚なので生活の変化に合わせて収納の使い方も変えられます。