ワークスペースの一部としてのキッチン


 
「程良い距離感の家」のキッチンはワークスペースの一部にあります。
キッチンもワークの一部で、仕事の合間に料理を作ったりコーヒーを入れたり片付けたりという時間も楽しめるように考えたキッチンです。

暮らしを見直すことでキッチンの立ち位置が変わる

今までは家族が過ごすスペースはダイニングキッチン。つまりごはんを作る場所とくつろぐ場所が一緒でした。
片付けはしやすい方がよいけれど、ご夫婦交代で料理をしたり片付けをしたりするのにお互いのキッチンの使い方が気になるご様子でした。

そこで、キッチンを家族のプライベートスペースではなく、ワークスペースの方に組み込むことにしました。
もともとキッチンがあった場所にキッチンを設けているので配管の移動も少なく、壁付のシンプルなキッチンにしてコストも削減。
キッチンは収納がきちんとできればコストを下げた方がよいという事でクリナップのシンプルなものをセレクトしています。

機能も必要最小限としていますが、ガスコンベックはプラスしています。
キッチンのアドバイスをしていく中で「パンやピザが焼けたら楽しそうだな・・・」というキッチンでの時間を楽しみたいという思いが増えていったようです。

最初の住まいの要望から、少しずつ変わっていくことがあります。
暮らし方を考えていくと、今までの自分では考え付かなかった暮らしの楽しみを知ることがあります。
そんなプラスアルファの部分も、促していけることはとても嬉しいです。

キッチンのサイドにはグリーンのリリカラ・モリスシリーズの壁紙を。汚れの事を考え、キッチンパネルは幅いっぱい貼っています。

キッチンの背面カウンターではハイチェアを置いてコーヒーを楽しめる空間に
キッチンの背面カウンターではハイチェアを置いてコーヒーを楽しめる空間に

キッチン背面は収納も可能なカウンター

キッチンの背面には収納も可能なカウンターを大工工事で制作してもらいました。

食器類はかなり厳選されていて少な目だったのでキッチン内の収納とこの背面収納で収納できるよう計画しています。
奥にはワゴン。上部には炊飯器が置けるように考えています。中央のOPEN部分にはゴミ箱を置くように。

こちらのカウンター周辺も広々していますので、朝の簡単な食事はこちらで。
ゆっくり食事をするときはファミリースペースで。
というように、状況に合わせた食事のスタイルを楽しんでもらいたいなと思っています。

背面収納カウンターにゴミ箱や炊飯器ワゴンを
背面収納カウンターにゴミ箱や炊飯器ワゴンを