生活になじむスタイリッシュな家具

今週から「ナチュラルモダンな家」O様邸の造作家具・カーテンなどのインテリア工事と、外構工事を行っています。
昨日は家具の据付、今日から外構工事がスタートしました。

まずは先日の造作家具の納品前検査の様子を・・・

造作家具の納品前検査

造作家具の納品前検査
造作家具の納品前検査

造作家具の納品前検査に行ってきました。
木目の確認や、塗装済みのパーツの色合い、細かいおさまりの確認も済ませました。

図面通りであっても加工の状況で対応を変えた方が良い場合もあります。
ジャストフィットで美しいおさまりになるよう、職人さんたちが頑張ってくれています。

造作家具は据付前が一番大きく見えますね。
空間におさまると、しっくりおさまるのです。

造作家具がぴったり納まりました!

造作家具施工後
造作家具施工後

O様のイメージにぴったりな家具がおさまりました。
濃い茶の大人っぽい雰囲気がお好きなO様ご夫妻ですが、大人っぽくシャープな印象が強すぎると、子どものいる家庭らしくない。

子どもと過ごす家として馴染むデザインでありながら、好みのデザインを盛り込んだ家具です。

横のライン【カウンター】は濃茶に、他の扉は木の素地より少し白っぽくして濃茶を引き立てる色に。
木の素地に近い色だとナチュラル感が強くなるので、モダンな印象が出るようなバランスにしています。

キッチン背面収納は機能を考えて天板を白に

キッチン背面収納
キッチン背面収納

キッチン背面収納は、キッチンとしての機能を考えてカウンターは白にしています。
清潔な状態を維持し、料理の色をきちんと見せるのは白だからです。

その分濃茶を下部収納の垂直面に。

下部の機能と寸法は設置する場と収納に応じて決めているのですが、上の吊戸のデザインを揃えているので一体感を感じます。
そして、吊戸が白なので、重さも感じません。

というような、カッコイイけれど生活になじみ、さらに家事の仕方、暮らし方に合わせた家具をつくりました。
まだ一部手直しがありますが、なかなか良い家具ができたなと思います。