デザインの核となるキッチン


 
「スタイリッシュキッチンの住まい」のキッチンは透明感のある面材のTOYOキッチンをベースに、シャンデリア、ステンレスのハイチェア、ガラスモザイクが梁に貼られたスタイリッシュなキッチンです。

透明感のある面材のキッチン

この家のキーとなるのが、TOYO KITCHENのオープンキッチン。
凹凸を見せるような「レンズ」という面材です。
一番最初にこのキッチンが決まり、このキッチンや照明を基準に寸法や全体のデザインを決めていきました。
ショールームみたい・・・と思われるほどのオープンキッチンです。

マンションは梁が見えてくることが多々ありますが、梁にガラスモザイクのタイルを貼ることでマンションの凹凸の印象がなくなった気がします。
この透明感がこのお住まいの魅力です。
LDK部分は当初は床暖房を入れる予定だったのですが、配管の都合上施工が難しかったため床下に断熱材を敷きこみました。

デザインベースとなったTOYOキッチンのアイランドキッチン
デザインベースとなったTOYOキッチンのアイランドキッチン

キッチンの背面にはパントリー

マンションリノベーションではスペースに限りがありパントリーを設けることが難しいケースも多いですが、リビングに面した和室を小さくして、大きくオープンキッチンを設けたので、キッチンのうしろにストック品などを置くことができるパントリーを設けられました。
キッチンの奥にストック品を置けるので、キッチンはすっきりしました。

キッチンの奥にストック品を置けるので、キッチンはすっきり
キッチンの奥にストック品を置けるので、キッチンはすっきり

リノベーションによる配管ルートをデザインでカバー

キッチンサイド(奥)のカウンター下部は配管スペースです。
マンションリフォームの配管替えは少し難しいのですが、配管スペースと見せない収納に変えて問題を解決しました。
キッチン本体のカウンターも配管分横に伸ばして製作しています。

配管スペース分キッチンのステンレスカウンターを広くしました
配管スペース分キッチンのステンレスカウンターを広くしました

フロントレースの樹木柄のカーテン

透明感のあるキッチンから見える窓には、樹木のカタチが透明に抜けるレースカーテン。
室内側にレースを設けているので、厚地を閉じたときには樹木柄が濃い色に見えてきます。
厚地をあけた時には、お庭の景色が樹木柄から少しだけ透けて見えます。
植物や青空が樹木柄に透けて見えます。透明感のある空間にぴったりなカーテンです。

フジエテキスタイルの樹木柄のレース地「エルケーア」
フジエテキスタイルの樹木柄のレース地「エルケーア」