昭和ガラスの家の住宅模型

リノベーションの住宅模型
京都のリノベーション「昭和ガラスの家」の打合せに持っていった模型。

本当はもっと早い段階で完成させたかったのですが、まさかの指負傷で遅くなり、なんとか家具最終打ち合わせまでに間に合わせるという事態に。

模型は計画と建築主の理解度に合わせて作ります。
基本計画の時と、実施設計で家具詳細が決まった時につくることが多いです。

リノベーションだからといってイメージしやすいわけではない

計画の内容によっては模型が不要なこともあります。
模型よりもイメージ画の方が伝わることもあります。

リノベーションの場合は元の空間があるので、完成の空間イメージがわきやすいと思われがちです。
実際は間取りが大きく変わっていなかったとしてもイメージががらっと変わることがあります。

要は建築主が納得のいく選択ができるデザイン提案をする、ということですね!

住宅模型
模型をつくると造作家具のバランスが分かりやすい

リノベーションの模型
模型のLDKを上から眺める
住宅模型はイメージが沸きやすい
住宅模型はイメージが沸きやすい
昭和ガラスの家