漆喰塗料でセルフペイント

フレンチレストラン「ビストロヒマワリ」さんにて、Hip漆喰を使った、セルフペイント体験イベントを開催しました。
今回使用したのは「漆喰塗料」。私もイベントで漆喰塗料を使うのは初めてなので、いつもとは少し違う段取りや時間配分を考え「メリット・デメリット」についても一通りクライアントにお伝えしました。

漆喰塗料のメリットデメリット

漆喰塗料の場合下地の状況に大きく影響しますし、割れやはがれの心配もあります。

漆喰は自然素材だから良い。
漆喰は調湿効果や抗菌効果があるから良い。
というようなメリットはたくさんあるので、扱いにくさやメンテナンスの仕方を知っている方が安心しますね。

Hip漆喰の場合は真っ白だけではなくグレーやピンクなど色が入っている漆喰があります。
よくセルフペイントをしているF&Bペイントよりムラにもなりやすいので、下地の準備が大事になります。
今回はセルフペイントの前日に、ビストロヒマワリさんの営業が終わられてからカラーワークス神戸さんと一緒に下準備をしました。
養生と下地のシーラーを塗っておいて、翌日はすぐセルフペイントに入るための準備です。

今回のセルフペイントで利用したHip漆喰
今回のセルフペイントで利用したHip漆喰
白土という一番白いHip漆喰を使いました
白土という一番白いHip漆喰を使いました

漆喰塗料はムラが出ないように重ねず素早くペイント

漆喰は石灰石を高温で焼いたものに水を足した消石灰が主原料です。
その漆喰が石灰化、硬化して固い漆喰の壁になります。
漆喰塗料は厚く塗り重ねるとムラになりやすいので、淡々と重ねずにペイントしていくのがコツ。
特に2度塗りの時には吸い込みが多いので重ねすぎないように慎重に塗ります。

漆喰塗料セルフペイント
漆喰塗料にムラができないよう、重ねずに一気に塗ります
漆喰塗料セルフペイント一度塗り
漆喰塗料セルフペイント一度塗り

漆喰セルフペイント仕上げ塗り
漆喰セルフペイント仕上げ塗り

漆喰の元である石灰石
漆喰とは石灰石を高温で焼いたものに水を足した消石灰が主原料です

暑い夏だから漆喰壁が心地良い

漆喰のセルフペイント後、ビストロヒマワリさんが今まで感じていた熱気と湿気を朝に感じなくなったようです。
エアコンの効きも良くなっているとか!!カラダが感じる「湿気」が減るのかもしれませんね。

トイレとトイレ前はかなり空気感が違いました。

冷房もあまり効かないので暑いトイレでペイントの時もすごくじめじめした印象でしたが、さらっとした空気になっていました。
漆喰の効果、出ているんですね。
以前より明るさを感じるため、照明も少し落として使えるようになったそうです。

漆喰塗料セルフペイントの壁
漆喰塗料セルフペイントの壁