このブログを書いている人

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士です。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインしています。

北欧が好きな女性建築士

好きな映画はエミール・クストリッツァの「黒猫・白猫」「アンダーグラウンド」
好きな建築家はフィンランドの近代建築家、アルヴァ・アアルト
フィンランドが大好きで、フィンランドを旅したときの話、北欧のインテリアなどについて紹介するブログも書いています。

フィンランディアホール

学生の頃はバックパックひとつ背負い、海外一人旅をするのが好きでした。
訪れた国は、イタリア・スペイン・モロッコ・フィンランド・タイ・マレーシア・シンガポール・ベトナム・韓国・インド・ネパール
現地の人たちと仲良くなって写真を撮らせてもらったり、家に滞在させてもらったりしました。
出会ったことでその後のデザインに大きく影響したのは、先に書いたフィンランドのアルヴァアアルトの建築。
インド、アーメダバードのルイスカーン「インド経営大学」。
モロッコのテトゥアンの旧市街、ベトナムのホイアン、タイの東北部イサーンの街ピマーイ。

タイの小学校

サッカー大好きの息子と超個性的な娘の年子母。
子どもたちの子育てをしていく中で、もっと家づくりは主婦・母目線であるべきだと思い、自分が子育てを通じて感じたことを活かした住宅設計をするようになりました。
「みゆう設計室」という屋号の「みゆう」はふたりの子どもたちの名前の一部から名付けています。

息子の影響でサッカーを見るようになり、趣味はサッカー観戦。
大声を出して応援していると、ストレス解消になります。

仕事は個人で設計事務所を構えていますので、お客様と時間をかけてしっかり向き合う住宅設計をしています。
設計の仕事以外に住まいづくりのコラムを書いたり、セミナー講師やワークショップを行ったり、住まいに限定せずネットワークやコミュニティを作ったり、母親だからこそ、次世代の人たちもより良い暮らしができるような活動をしています。

みゆう設計室のホームページでは住まいのギャラリー、家づくりのスタイル、イベントのお知らせなども掲載しています。

主婦母目線の家づくり

Miyudesign

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。
ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。
家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

その他

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL