信頼関係を築く仕事と、ハッピークライアント

エリアマイスターという地域のスキルある女性と企業の仕事をつなぐサービスの中で、住まい部門を作ろうと言うことではじめた「住マイスターの会」。

月に一度、住まいの女性専門家たちで集まる住マイスターの会は、今回で丸1年になりました。
毎回面白いテーマで学びあい、新たな出会いやネットワークができています。

今回のテーマは「不得手から独自のマーケットを見つけ、ニッチマーケットを開拓」。
神戸・北野で外国人の方向けの不動産会社Core Eightを営まれている、ブラッドショウ里芳さんがファシリテーターでした。

立ち止まっても、いつか前にすすめる

神戸北野CoreEight
里芳さんはご自身の子供時代の遊びの中で、恐怖心を持ったため前に進めなかった経験がありました。
そのことを大人になっても恥ずかしいと思い、もうそんな気持ちは繰り返したくない、と思っていたそうです。

その後、何か自分らしいことをしたいと情熱を持ちながらも、何をしてもあまりピンとこなかった里芳さん。
でも不動産業という仕事に出会ってから、日本人マーケットではなく外国人をターゲットに不動産業を営みはじめます。
自分の得意な「英語」を活かした自分らしい不動産斡旋ができるようになり、それが天職だと気づきます。
好きでもない不動産物件をただ売るのではなく、クライアントが欲しい物件を探して売るおもしろさ。

自分が楽しい働き方を見つけたことで、それを望むクライアントと出会うようにもなっていったそうです。

「恐怖心」を持つことはある。
でも怖がってあきらめるのではなく、立ち止まったとしても、いつか切り拓くことができ前に進める。
一歩下がったとしても、「あ、できるかも!」と思うタイミングがある。

一歩下がっても立ち止まっても、自分自身に「大丈夫、できる!」と思うときまで少しずつ前へ進んでいけば良い。

すごく深い言葉ですよね。

ご自身で会社を持たれることには色々勇気がいるし、いつも決断に迫られるけれども一歩一歩前に進むことを考えられていて、その前を見ている目がとても美しいなと思いました。

信頼関係を築く仕事と、ハッピークライアント

突然海外から家を探してほしいというクライアントが来日せずに契約を決めることもあったそうで、こちらからしたらそれは無茶では?と思うようなことも誠実に向き合って答えてきたそうです。
その信頼関係を築くことが一番大事だったとのこと。

里芳さんの思いは「ハッピークライアント」

クライアントだけではなく、皆が喜び、皆が潤う仕事をする。

私自身もそれはいつも思っていることで、家づくりはクライアント(建築主)だけが満足するものでは良いものはできないと思っています。
もちろんクライアントの満足が一番ですが、クライアントのために仕事をするデザイナー、工務店や職人さんたち、そして近隣の方たち。
みんなが満足する、みんながハッピーになれる家づくりが一番良いと思っています。

もちろん、といいますか、みゆう設計室のクライアントさんはそのあたりをきちんと理解してくださるので、現場に無理をさせるということはほとんどありません。
だから良い家を作るために職人さんも精いっぱい頑張ってくれるのだと思うのです。

みんながハッピーになるためには、みんながハッピーになるための仕事が必要。
それには手間がかかることもありますが、最終的にみんなの満足が高まれば良いのですよね!

今日はこの「ハッピークライアント」という言葉を聞いて、自分のこの仕事のスタイルをもっと好きでいよう!と思えるようになりました。

チカラと元気をもらえるコミュニティ

良いコミュニティ

今日のお話の中で、神戸はとても良いコミュニティがたくさんある、という話がありました。
私もそれを実感していて、いろんな方と出会えたことでたくさんの勇気をもらってきたなと思っています。

そして、この住マイスターの会も同じ。

住まいづくりの女性専門家が集まって、お互いが学びあい、情報共有しあうことで、お互いが高めあっている関係。
少しずつではあるのですが、やらないより、やったほうがいい。
そんな思いで運営のサポートをしています。

私自身が得るものがたくさんあるので、続けていきたいコミュニティなんですよね!!

そんな住マイスターの会、2月はみゆう設計室でも何回か「オールアース」でお世話になった株式会社デンツさんが「住まいと電磁波」をテーマにお話ししてくれることになりました。
次の会は一般の方の参加もOK。
住まいづくりの女性専門家たちと話すことも可能です。

電磁波って目に見えないし、何が悪いのかよくわからない、という方も多いのではないかなと思います。
気になる方はぜひご参加くださいね。

Miyudesign

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。
ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。
家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

お仕事