みゆう設計室の家づくり

みゆう設計室が設計する「家事・育児負担が少ない家」「安心できる家」

みゆう設計室は、一級建築士である「母」が自らの経験を元に「家事育児負担を軽減させる家」「安心できる心地良い家」を設計しています。

私が設計してきた「家事が楽になる家」「子育てしやすい家」「安心できる家」は、設計者である私のアイディアだけで作り出したものではありません。お客さまからのアイディアや要望が元になっています。

なぜ住宅設計に関しては素人であるお客さまからのアイディアを活かすと暮らしやすい家になるのでしょうか。
それは、住む人自身が「自分の暮らしやすさ」を考えた家だからです。

みゆう設計室は「こんな家をつくりたい」「こんな暮らしをしたい」という思いに寄り添い、一緒に考えて整理し、あなたにとっての家事・育児負担が少なく、家で過ごす時間が楽しいと感じてもらえる住まいをご提案します。

みゆう設計室の特徴は「あなたが暮らしやすい家」を設計するためのヒアリング

家事・育児負担を減らした家を設計するためには「自分の家事・育児のスタイルを知る」必要があります。
自分たちの暮らしの特徴を確認することは本来は難しいことではないのですが、自分のことを自分で把握して整理するのは意外と大変な作業です。

そこでみゆう設計室は面談でのお話や、メールでのやりとりを重ねて、片付けやすい家、家事がしやすい家、子育てにも安心できる家を一緒に考えます。このような対話を重ねると「こんな家をつくりたい」「こんな暮らしをしたい」という暮らしのイメージやこだわりが明確になります。

また、家づくりの常識や一般的な流れを押し付けることはしません。分からないことがたくさんあったとしても、ひとつひとつ解決しますので、安心して家づくりを楽しんでください。「あなたが暮らしやすい家」をつくるために対話を重ね、設計を進めて行くのがみゆう設計室の特徴です。

対話を大切にする

家づくりに何となく感じる喜びや不安、家事や育児に思うことなど、住まいへの要望や好みを対話から引き出します。

暮らしへの思いを整理する

暮らしのイメージをつくるのは楽しいことですが、整理するために労力が必要です。対話から引き出した要望や好みを「間取り」で整理します。

女性・主婦・母ならではの提案

私自身が育児、家事と仕事を両立させるために悩んできた経験を全て活かして、同じように悩む子育て中のパパ・ママに寄り添った提案をします。

お客さまのご感想~みゆう設計室のヒアリング・設計プロセスについて~

明るい家にリノベーション

たくさん光が入り込み明るい家になった

家づくりがとても楽しかったです。私が女性の設計士さん希望でホームページを見て依頼したのですが、大成功だったと思っています。

女性ならではの視点でお話して下さったので、私の思いがよく伝わりました。(フレンチナチュラルスタイルの家・リノベーション)

インテリアの好みが明確な奥様でしたので、そのイメージと希望の素材をフィットさせるデザインにしました。間取りの最終決定前にご夫婦で意見が合わないこともありましたが、きちんと話し合って納得の行く家づくりができて良かったですね!(みゆう設計室)

インナーテラスのある家リビングダイニング

使いにくいと感じるところが全くない家

【ご主人】使いにくいと感じるところが全くありませんし、子どもに「危ないからそれをしてはいけない」と言うことがありません。こそだてをしていて安心して暮らせる家だと思います。

【奥様】使い方、暮らし方についてたくさん考えて設計してもらったので使いやすいです。(インナーテラスのある家・新築住宅)

ご主人がたくさんアイディアを提案してくれ、ご家族への愛を感じました。家事・育児をシェアする家族だからこそ、夫婦で使いやすい家をつくることも大事ですね。(みゆう設計室)

古い家を活かしたリノベーション

古い家の魅力や好みを分かってもらえて嬉しかった

改修前の家に初めて打合せに来られた時に「良い家ですね!」とお世辞なく言ってくれたこと、家の古い雰囲気、古い家具などが好きなことを理解してくれて、それを活かしたリノベーションをしてくれたことに感動しました。(昭和ガラスの家・リノベーション)

古い家なので建て替えるべきだという周囲の声もありましたが、新築とリノベーション両方の長所と短所と私の意見をお伝えしました。正解はなく、答えはお客さま自身にあるのだと思います。改修する前の家、新築前に住んでいた家に対して、気に入っていた部分は新しい家にも必ず活かします。(みゆう設計室)

「家事が楽になる家」のつくりかた

日々の生活を健康で過ごすためには、「食事をする=料理」「清潔にする=洗濯・掃除」「暮らしの場を整える=片付け」という「家事」が必要になります。毎日必要なことだからこそ、大変だし苦痛。できることなら家事を簡単に済ませたいですよね。

みゆう設計室は「家事負担を減らし、家事が楽しくなる家」を主婦・母目線で設計します。

きちんと家事をしたい人は、その人に合った家を。
ちょっと手抜きをしてでも家事を手早く終わらせたい人は、その人にあった家を。
家族も積極的に家事をしてくれるというメリットもあります。

家事を時短にすると、ゆっくりする時間や子どもと関わる時間、趣味に使える時間が増えます。
「心地よく、機能的な家」であると、面倒だなと感じる家事の時間も減るので、家事自体が気分よく楽しくなるかもしれません!!

家事が楽になる家をつくる、5つのポイント

家事が楽になる家

1.自分の「家事の仕方」に合う
2.家事の作業をする場所の近くに適切な収納スペースがある
3.家事をする上で無駄な動きをしなくて良い=動線が良い
4.家事動線がリラックス空間と交わらない
5.家事をする場所に「機能的な余白」がある

「料理」「片付け」「掃除」「洗濯」など、家事ごとに家事が楽になるように配慮して設計します。家事の仕方は人それぞれなので、まずは家事の仕方を知ることからスタートします。

「家事が楽になる家」の事例

快適な家事室

快適な家事室(ランドリールーム)

ルンバの定位置

お掃除ロボット、ルンバの定位置

室内干しができる洗面所

洗濯に関連する動作が完結する洗面所

お客さまのご感想~みゆう設計室の「家事が楽になる家」について~

家事ラクなキッチン

どんな家よりも我が家の収納が使いやすい

設計の間、暮らし方や片付け方について、たくさんお話して一緒に考えたので、どんな家よりも我が家の収納が使いやすく家事がしやすい家になりました。

無駄なことを考えずに家事ができる機能的な家。

時間に余裕ができて趣味やリラックスに使う時間が増えました。

(都会の小さな森の家・新築)

「子育てしやすい家」のつくりかた

育児の考え方や、子どもとの向き合い方は人それぞれ。
「今のお子さんの年齢」「性別」「性格」「家族との関わり方」「お子さんが夢中になれるものは何か?」などによって、育児ストレスを軽減する方法が変わります。

我が家には二人の子どもがいますが、性別も、性格も、得意なこと苦手なことも異なります。育児の一般論が通用しないと知ったのは二人の子どもを育ててきたからです。

だからこそ、子どもの性格と、家庭における子どもとの向き合い方を反映させた家は子育てしやすい住まいになります。

子育てしやすい家をつくる、6つのポイント

子育てしやすい家

1.育児ストレスを軽減する家
2.子どもの自立を促す家
3.子どもと一緒に過ごしやすい家
4.子どもの成長段階に合わせて変化しやすい家
5.「使える」子ども部屋がある家
6.安全で、健康に過ごせる家

子育て中だから、家づくりが楽しい。そう思って家づくりをすることが、一番の「子育てしやすい家をつくる方法」です!!

「子育てしやすい家」の事例

手洗い習慣を促す間取り

手洗い習慣を促す間取り

乳幼児期も有効利用できる子ども部屋

乳幼児期も有効利用できる子ども部屋

お子さんが自分で料理できるキッチン

お子さんが自分で料理できるキッチン

お客さまのご感想~みゆう設計室の「子育てしやすい家」について~

岡山の家

こどものお便りも壁に貼れるパントリーが便利

一番お気に入りの場所は、パントリーです!

こまごまとしたものも、子どものお便りも全て収納できるので、家がすっきり見えます。

収納だけではなくて、もちろんリビングも一日中光が入って明るくて素敵です。また、シューズクローゼットを設けたおかげで、子供が靴を自分でしまえるようになりました。

(岡山の家・新築)

「安心できる家」のつくりかた

安心できる家のつくりかた

「安心できる家」をつくる、5つのポイント

1.耐震強度の高い家(木造住宅の構造計算も行います※1)
2.子どもや高齢者が家で事故を起こさない安全配慮の家
3.安心できる素材の家※2
4.家族皆が心地よさを感じられる家
5.設計、工事の過程で不安を感じない家

安心できる家を、主婦・母目線で設計します。

 

※1 新築住宅の場合は基本的に許容応力度計算を行い、耐震等級3の強度の家を設計します。木造住宅のリノベーションの際も耐震診断に伴う耐震補強計画を行います。
※2 ご予算や使い勝手に合わせて健康に配慮した素材、心地よい自然素材などをご提案します。

「安心できる家」の事例

居心地の良いヌックのある家

居心地の良いヌックのある家

耐震改修をして自然素材を使った家

耐震改修をして自然素材を使った家

地震にも安心の本の間

本棚が転倒しない安心できる本の間

安心して家づくりを楽しんでください

家に「居場所」を感じると安心します。これは子どもも大人も同じです。「居場所」は程良い家族の距離感と、安心感を感じる空間から生まれます。そのために家族にとっての居場所を家の随所にデザインします。

日々の暮らしを充実させるために好きなものがある暮らし、集中できる空間をつくります。
からだを休める、リラックスのために「眠る」「穏やかに過ごす」「ヨガやストレッチをする」というような居心地の良い空間をつくります。

とても当たり前のことなのですが、対話を通して丁寧にデザインすることで、居心地が良く安心できる家が作れるのです。

また、家づくりはとてもハードルが高く感じてしまうもの。自分がどのような家づくりをしたら良いか、不安になるかもしれません。
みゆう設計室の家づくりは、その過程の不安をひとつひとつ解決して設計を進めますので、安心して家づくりを楽しんでください。

お客さまのご感想~みゆう設計室の「安心できる家」について~

安心できる家

素材も強度も色んな点で不安のない家になりました。

新しい家は、どこに居ても毎日が楽しく過ごすことができます。

床下に断熱材を入れてもらって杉の床材を使ったことで床が冷たくなくて快適で、床暖房を入れなくても十分心地良い家になりました。

耐震強度も素材も電磁波も考えて頂き、洗濯をするのも楽しく収納もしやすい、不安のない家になりました。

(柚子の実る家・リノベーション)

幸福度の高い家を設計します

幸福度の高い家
幸福度が高いという北欧諸国の人たちは「家時間」をとても大切にしています。

家で過ごす時間が大好きな人は、一日のどの瞬間も大切にしているので、幸せだと感じる時間が長いのだそうです。
北欧の人たちのように、もっと家で過ごす時間を大切にし、大好きになってほしい。

「家時間」を充実させるために、「健康で過ごす」「暮らしを充実させる」「休息・リラックス」という時間を満足させる家が必要。

みゆう設計室は「健康」で「リラックス」して過ごせる家をデザインするので、「家時間」が充実して日々の生活が豊かになります。

「家で過ごす時間が、大好きになる。」

それがみゆう設計室が設計できる家です。

育児・家事・仕事を両立させるために奮闘しているママ建築士が設計しています

一級建築士 中川由紀子

建築士事務所を開設して14年の一級建築士「みゆう」こと中川由紀子です。現在高校生の年子兄妹の育児・家事と仕事の両立に奮闘してきました。
自分自身の悩みと経験を活かして、子育て中のパパママのための家事・育児負担を減らす家を設計しています。

みゆう設計室ができること

主婦・母目線で住宅の設計をします

新築住宅

新築住宅の設計

新築住宅の設計・監理を行います。
木造在来(軸組み工法)住宅の設計を得意としています。

主婦・母目線で家事負担を軽減する間取りの家を設計します。
建物の設計とインテリア、エクステリアの設計を分けることなく、全てのデザインご提案をします。

リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーションの設計

リフォーム・リノベーションの設計・監理を行います。
マンション・戸建住宅どちらも設計可能です。

造作家具の製作や内装替えなど住みながら工事を行う小規模リフォームから、耐震改修や間取りを大きく変えるリノベーションまで、ご予算やご希望に合わせたご提案を致します。

間取りやインテリアの相談にお答えします

間取り相談・間取り診断

間取り相談・間取り診断

主婦・母目線で住宅設計をしている一級建築士が間取り相談、間取り診断を行います。
購入予定・計画予定の間取りに迷いを感じている方、子育ても家事もしやすい家の間取りを提案してほしい方、遠方でみゆう設計室に設計監理は頼めないけれど相談に乗ってほしいという方向けの間取り相談です。家づくりのセカンドオピニオンとしてご利用ください。

インテリア相談

インテリア相談

みゆう設計室のインテリアコーディネートはインテリアをおしゃれにするだけではなく、暮らし改善を目的としてご提案しています。

まずは住まいの悩みを解決する「インテリア相談」からスタート。
賃貸住宅暮らしでもOK。リフォーム工事などの有無に関わらず暮らし改善のアドバイスを致します。

このような人たちの家づくりをお手伝いしたい

毎日育児も家事も仕事も頑張ってる!家事負担を減らして、もう少し家でゆっくり過ごせるようになりたい、という育児中のお父さん、お母さん。
家づくりの不安や家の悩みを解決して、家づくりを楽しみたいという方。とにかく「大好き!」と思える家を作りたい方。そのような方の家づくりをお手伝いしたいと思っています。

不安なこと、よく分からないということを気軽に相談できるのも「みゆう設計室のいえづくり」です。

共働き夫婦の家事ラクな家

共働きで頑張るお父さん、お母さん

家を大好きになりたい!

家を大好きになりたい!という方

家づくりを楽しむ

家づくりを楽しみたい!というご家族

みゆう設計室の家づくりの流れ

まずは気軽にメールフォームからお問合せ下さい

「家づくりってはじめてだから何からすればいいか分からない」
「費用ってどれくらいかかるの?」「家づくりの流れって?」

みゆう設計室では家づくりの不安をひとつひとつ解決しながら設計を進めます。
まずはメールフォームより分からない点、不安に感じる点をお問合せください。メールにて回答、お返事致します。

みゆう設計室がどんな設計をしているのか気になる方のために、家づくりに役立つハンドブック「いえづくりレシピ」をプレゼントしていますので、お気軽に資料請求してください。

動線・風の流れなども書き込んだ提案図面

設計をしてほしい方の場合

新築住宅の設計、リフォーム・リノベーションの設計をしてほしいという方の場合、初回のご相談は無料で行っています。
ご相談は基本的にご自宅に訪問しておりますが、みゆう設計室事務所でのご相談も可能です。

間取り相談の改善案

家づくりの相談にのってほしい方の場合

「間取り」「住まい」の悩み相談だけの業務も行っています。
新築・リフォームの予定はまだ少し先だという方、いつから家づくりを始めたら良いか分からない方でも大丈夫です。
遠方の方はメールや電話で、お近くの方は訪問ご相談も可能です。

設計を依頼する前に「もう少しみゆう設計室の家づくりを知りたい」という方に

みゆう設計室ホームページには今まで設計してきた事例を「空間別」に紹介しています。
家事ラクなキッチン、洗面所、子育てしやすいファミリーデスク、お気に入りのシーンを実現したダイニングなどを紹介していますので、ぜひお時間があるときにゆっくり読んでみてください。
お客さまの思いをかたちにしたときにどのような家になるのか、またあなたにとってどのような家が好きなのか、参考にして頂けたら幸いです。
 

 

 

「いえづくりレシピ」「女性建築士ブログ」「女性建築士のインテリア相談」

さらに、主婦・母目線の「家事ラク」「子育てしやすい」「心地良い」住まいを作るアイディアレシピと悩み改善の実例を紹介する「いえづくりレシピ」、子育てしながらの女性建築士としての働き方や日々の仕事や暮らしを書く「女性建築士ブログ」、過去10年以上にわたってインテリアや住まいの悩みにお答えしてきた「女性建築士のインテリア相談」も書いています。

「家事ラク」などの要素別にいえづくりを知りたい方はぜひ「いえづくりレシピ」をチェックしてくださいね。

いえづくりレシピ

いえづくりレシピ

女性建築士ブログ

女性建築士ブログ

女性建築士のインテリア相談

女性建築士のインテリア相談

    

 

みゆう設計室の資料請求と設計初回無料相談

具体的に新築・リノベーションの設計をご検討の方には初回無料相談を行っています。

また、有料にはなりますが、「間取りの悩み」「インテリアの悩み」の相談も行っています。
新築・リフォームの予定はまだ少し先だという方、いつから家づくりを始めたら良いか分からない方も「インテリア相談」でアドバイス致しますので気軽にお問い合わせください。

資料請求の方に家づくりレシピプレゼント

家づくりレシピ

みゆう設計室がわかる「家づくり」の本プレゼント

資料請求をして頂いた方には「みゆう設計室の家づくりレシピvol.2」をお届けします。
A5版26ページ、写真たっぷりのいえづくりレシピ。女性目線、主婦目線の家づくり、家づくりのプロセスを紹介しています。
ちいさなインテリア雑誌のようなミニ冊子です。
手に取ってゆっくりカフェタイムに読んで頂けるようなちいさなRECIPEBOOKをつくりました。お気軽に資料請求してください。