IKEAワゴンも、オリジナルワゴンも、理想のキッチン収納に。

多機能なキッチンワゴン

キッチンワゴン、というと作業補助台として使われるものと思われがちですが、家事の仕方によっていろんなタイプのキッチンワゴンを作ることができます。

キッチンワゴンが便利な点は、作業をするときに横に置いておく、動かすことが可能な事。

普段は家具の中に収納して、必要な時に取り出すことができることです。

 

キッチンの作業スペースをもっと広くしたい、というご要望がありますが、キッチンの広さによって限界があります。

キッチンの作業スペースは狭いと作業効率が悪くなります。
例えば、シンクのすぐ隣にコンロがあったら、モノを置くこともできません。

でも作業スペースは広すぎても使いにくいのです。
なぜなら、キッチンでの移動距離が長くなるから。

程良い歩幅で、歩数で、無駄な動きなく作業ができると、キッチンでの家事が楽になります。

ちょっとスペースが足りないキッチン、逆にちょっと広すぎるキッチンで、無駄な動きを減らして作業を楽にしてくれるのがキッチンワゴンなのです。

作業動作が減る便利な「調味料ワゴン」

調味料用ワゴンのあるキッチン背面収納
上段にはお塩や小麦粉、スパイスなどの調味料。
下段にはお醤油などのボトルが入れられる調味料ワゴンです。

いつも使われているボトルのサイズに合わせてワゴンを制作しました。

キッチンで作業をしている横にワゴンを引っ張り出し、使ったらすぐワゴンに置く。
作業台に調味料類を一度出す必要がないのでスペース削減につながります。

調味料を使わないときはワゴンを片づけておけばキッチンはスッキリ。
ワゴンの上段は上から中身を把握できるようにラベリングされているので、とても取り出しやすいのです。

調味料ワゴンの上段

キッチンワゴンの定番は使わない時に隠せる「ごみ箱ワゴン」

無印良品のゴミ箱がおさまるワゴン
キッチンをすっきり見せたい!
生活感が見える原因となるひとつが、ゴミ箱、です。

ごみ箱がワゴンの中に入っていると、見た目に不快に感じません。
何よりキッチンゴミを捨てるときに、ゴミ箱を自分の近くに寄せることができます。
使う時に作業スペースの横に置く、使わない時は家具内に片づけることができる、便利ワゴンですね!!

無印良品のゴミ箱を納めるワゴンを製作することが多いです。
ゴミ箱もひとつだけではなくて2つを納めると、燃えるゴミ用と、それ以外の分別ごみと分けられます。

背面収納の場合は、ごみ箱用の引出しより、ワゴンの方が使いやすいのです!

背面収納にゴミ箱用のワゴンを収納

「都会の小さな森の家」のキッチン背面収納は、中央にゴミ箱ワゴンを設けています。
その隣もワゴンなのですが、そのワゴンにはホームベーカリーが入れられるようになっています。

「陽だまりの家」のキッチン収納の下部には、大き目のごみ箱が2~3個入る大きなワゴンを設けました。

ごみを分別することもできる多目的ワゴン

幅の違うゴミ箱用のワゴン
「ナチュラルモダンな家」のキッチン背面収納には「燃えるごみ用のワゴン」と「その他分別ごみ用のワゴン」とふたつのワゴンを設けています。
キッチン背面収納に無印良品のごみ箱
「燃えるごみ用のワゴン」は無印良品のゴミ箱が1つおさまるサイズです。
ゴミ袋を引掛けるキッチンワゴン

「その他分別ごみ用のワゴン」は、ワゴンに直接分別ごみ袋をかけられるようなかたちにしてあります。
多くてサイドにあふれるようであれば、突っ張り棒などのストッパーを使うことで対応させています。
このスペース、片方だけペットボトルなどのごみを入れるかもしれませんし、ゴミ袋を使わずに一升瓶や大きい水筒を入れるかもしれません。
ゴミ箱だけではなく多目的に使えるようにシンプルな形のワゴンにしているのです。

ホームベーカリー用ワゴン

ホームベーカリー用のキッチンワゴン
ホームベーカリーの定位置って結構難しいのです。
こねるときにガタガタいいますし、食器と同じ家具ではない方が良いのかも。
ということで、ホームベーカリー用のワゴンを設けた家具です。

普段は収納しておきますが、状況に合わせてホームベーカリーを出して使うか、ワゴンに乗せたまま家具から離して使うとより良いと思います。

コンセント口も背面にあるのですっきりキッチンを使えますよ!

炊飯器もワゴンに入れてすっきり

炊飯器用のキッチンワゴン
炊飯器ってすごく生活感見える家電ですね。
今では炊飯器を置かない家庭も増えているくらいです。
(土鍋などでごはんを炊く方が増えていますね)

ごはんを炊くときはワゴンを出して、普段は収納しておくワゴンです。
下部にはお野菜やストックのお米が入れられるようにしてあります。
キッチン作業カウンターの下に炊飯器ワゴン
キッチン作業台にもなるカウンターの下に設けたワゴン。
炊飯器が置けるようにしてあります。
ちなみにカウンターの壁にはコルクボード。
学校のプリントなどが貼れるようになっています。

市販のキッチンワゴンだって、すっきり収納できる

IKEAのワゴンがキッチンに便利
市販のワゴンを使って、そのワゴンがすっきりおさまる収納を作ってしまう方法もあります。

IKEAの「RÅSKOG」はすごく人気ですが、このひとつを食材用ストック(下段は醤油などのボトル、上段にお米や調味料など!)として、ひとつは食器洗いかご置場にした例です。
食器洗いかご置きとしたワゴンの下部には、水筒やキッチン洗剤・漂白剤などのボトルなど。
やっぱり深さがあるものが入るのが良いですね!

このRÅSKOGは上部やサイドにハンドルが無いことがすっきり収納できる魅力です。

市販のものがぴったり入るようにキッチン収納スペースをつくると良いですよ。

いろんなスタイルのキッチンワゴンがありますが、どれを選ぶかは人それぞれ。
あなたの好みのキッチンワゴンはどのスタイルでしたか?

Miyudesign

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。
ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。
家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。