ポジティブなことばと満足度の高い家づくり

「あなたの家のインテリアベースはどこにある!?~インテリア基礎知識講座」で、参加者の皆さんに特に反応があったのが・・・
  • 諦めるのではなく、削ぎ落とす
  • 使わない部屋=納戸、ではなくて、収納に適した部屋である
という「ことば」でした。

ポジティブなことばの魔法で「納得のいく家づくり」

リビングと隣り合う本の間 ことばは言い回しひとつで印象が変わります。 同じ意味合いのことばでも、自分自身がポジティブにとらえられる言葉であれば、前向きな気持ちで受け止められます。 でも必ずしも同じ言葉で皆がポジティブになるわけではありません。 私の友人は「正論」や「きれいごと」に対してマイナスな気持ちになるあまのじゃくタイプ。 逆に嫌味で彼女に「きれいごと」を言ったこともあります(笑) ことばの受け取り方も、その人のその状況に合わせて変わります。 素敵な魅力的なことばに、全員がポジティブになるわけではありません。 でも、その人にとってポジティブになれる「ひとこと」があれば、それは日々の暮らしもポジティブに考えられる。 それがいえづくりのポジティブ魔法です。 住宅設計の間も、このポジティブなことばの魔法を活かします。 家づくりには予算やスペース、期間などで諦めなければいけないことがたくさんあります。 「できません」「予算に合いません」と言うこと、「好きなものを選んでください」と言うのは簡単です。 でも、その家族にポジティブな判断ができる選択肢をお見せすることで、納得のいく家づくりができます。 そうすると、ポジティブ魔法が活きて、完成した時の満足度が高まりますよ。

納戸=収納に適した部屋

納戸に設けた収納 納戸も「使わない部屋」なんて言われたらいやですよね。 どうせなら収納に適した部屋、って言ってもらった方が納戸も喜ぶでしょう。 要は気持ちの持ちよう。 気持ちの持ちようでいくらでも家は素敵なものに変わります。 大好きな場所に変わります。

ネガティブ大歓迎~いつもポジティブでいる必要はない

そして、ネガティブになることを否定しない。 片付けられない自分や、ごちゃごちゃした空間にイライラする自分、家事放棄したくなる自分。 それもあっての暮らしです。 完璧な暮らしをかたちを維持することが好きな方はその暮らしを楽しみます。 でも、完璧な暮らしを維持することが苦手な方もいます。 自分たちにとって程よい心地よさ、メンテナンスのしやすさ、時には手抜きも。 暮らしに「余裕」と「余白」があることが、心地良い暮らしをつくると思います。

くらしの「余裕」と「余白」

暮らしの余白のある空間 その「余裕」や「余白」が住まいのデザインで大事なものだと思っています。 家事動線や家事ラク収納など、全てを決め込んでデザインしているように見えるかもしれませんが、決め込んだ中にも余白をつくっています。 なにせ、私がズボラ主婦、なものですから。 ちょっと手を抜きたいときでも簡単に片づけられる。 丁寧に片づけなくても不快に見えない。 リラックス空間と家事空間が分けられる、などなど。 少しリラックスするだけで気持ちがリセットされますからね! その余裕と余白をもった住まいには、頑張りすぎなくてよい、ネガティブになったって大丈夫、そんな風に気づけば前向きになれる「ポジティブなことばの魔法」がかかっているのかもしれませんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です