個性的な家をつくるには、家族の「自然体」を知ると良い。

「女性目線、主婦目線」の家づくりをする上で、そのかたちに対しては「決められたルールはない」と思っています。

住まいは、その家族の暮らしに対してきわめてシンプルなものなのです。

暮らしに忠実なシンプルな家は、とても個性的な家になります。
だって、その家族にしか作れない家なのですから。

自分たちらしい個性的な家をつくりたいときは、まず、家族の「自然体」を知ることから始めましょう。

自然体の家

建築主はこだわりの強い方ばかりではない

「設計の依頼をする方はこだわりが強い方が多いのでは?」とよく聞かれますが、必ずしもそうではありません。

むしろ

  • シンプルにしたいのだけど、それができない。
  • 今あるものを活かしたいけれど、それができない。
  • 暮らしに合わせた家をつくりたいけれど、それができない。
  • 自分が普通だと思っていたことができない。

 

という理由から、相談に来られる方が多いのです。

デザインの仕事をしていると、「自分らしさ」、「個性」、「自分が好きなもの」をすごく追及します。

しかしその人にとっての暮らしは、目立つこととか、個性的である必要はないのです。

「すごく一般的で普通である」ということや、「自然体であること」を評価すると、「その人にフィットしたシンプルなデザイン」が見えてきます。

アーティストのデザイン表現とは異なるので、自分らしい暮らしを探すことって、肩肘張らなくて良いのです。

シンプル=暮らしに関わる条件を整理すること

まずは暮らしに関わる全ての考え方を整理し、シンプルにします。

  • 素材
  • 使い方
  • 暮らし方
  • 環境
  • 生活スタイルの変化
  • 家族との距離感

最初はたくさんの暮らしのイメージと好み、家事の仕方の情報を集めます。
矛盾する条件が出てきても最初は気にすることはありません。
複雑であり、相反するたくさんの条件を整理していくことで、最終的には「必要なもの」だけに削ぎ落とされています。

それは、必要な条件を減らしていくのではありません。

とても重要なことが少しずつ見えてきますので、その重要な条件を核にして条件の優先順位を整理していけばよいのです。
シンプルな素材

敢えて珍しい家にしない

そして、敢えて「珍しい家」、機能以上に「かたち」を重視した家にはしません。

その家族にとっての「自然体」をかたちにすると、個性的な家になります。

「個性至上主義」

一生懸命「自分らしさ」を前面に出せば出すほど、個性的ではなく、すごく一般的に見えてしまう、と思うのです。

実は普通である、一般的であると考えているところに、自分らしさがあると思うんです。

そこに自然体の、自分らしさがあると。

肩肘張らなくて良い。

「家は自分の暮らしの場」ですから。

そして、そのスタイルに忠実であると、その家族らしいオリジナルのかたちになります。

実は見栄を張るのも自然体

逆に「見栄をはりたいから、お客さんが来る場所はかっこよく!」というのも自然体だと思っています。

「とにかく楽したいから、片付けやすい家にするの!」というのも自然体。

インスタ映えしたキッチンをつくりたい、という思いも、その中で料理をすることに喜びを感じる自然体なのです。

自然体であるということは必ずしも見た目をシンプルにする、ということではありません。
好きなデザインというのも重要な家づくりの条件。
カフェのようなおしゃれなダイニングで過ごしたい、という条件が最優先になっても良いのです。

自然体でいられる家づくりをすると、日々楽しく安心して過ごせるようになると思います。

おしゃれな窓

Miyudesign

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。
ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。
家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。