こだわりの家づくりをする?しない?~住まいの選択肢

いえづくりレシピを読んでくださっている方は「こだわりのいえづくりをしたい」という方が多いと思います。
でも私自身はいえづくりのための「こだわり」って絶対に必要なものではないと思うのです。

こだわりすぎていえづくりに疲れてしまうこともありますし、余白がなくてゆとりを感じない家になることもあります。

それでも自分たちらしいオリジナルの家に住みたい、と思う方はぜひ読んでみてくださいね。

こだわりのいえづくり

実は「こだわりの家をつくりたい」という建築主はあまりいない

みゆう設計室が設計する家は家事がしやすく心地よい家が多いです。
収納の方法や、キッチン・水回りのデザインもそれぞれの家が個性的で同じものはほとんどありません。

すべてが「こだわりの家」であるように見えますが、実は設計の依頼を受けたときに「自分たちのこだわりの家をつくりたい!」という建築主はあまり多くありません。

それでも依頼をしてこられる理由は「自分たちらしい暮らしのできる住まいを導いてくれるから」なのです。

暮らしにフィットするキッチン

個性的な家は、こだわりと比例するわけではない

家事の仕方、育児の考え方について対話を重ねていくことで生まれたアイディアで家づくりをすることが多く、対話を重ねると少しずつ好みも見えてきます。
それぞれの住まいが個性的なのですが、個性的なのはその家族の暮らしの形だからなのです。

「私はインテリアセンスもないし、家づくりでどうこだわったらいいか分からない」
と言われる方もいます。それでも何の問題もないのです。

こだわりと比例して、個性的な家になるわけではありません。

個性的な照明

こだわりよりも、違和感を感じる点に正直でいること

家づくりへのこだわりよりも、とても大事なのが「違和感」に正直であること。

「違和感」はそれぞれの家族で異なります。もちろん夫婦でも、親子でも異なります。
その「違和感」の認識の違いで、家づくりの間夫婦で喧嘩をされることだってあります。

そんな喧嘩は大歓迎。それで良いのです。その違和感に正直になることで、心地よい住まいが生まれるのです。

違和感を少しずつ正していく、これだけでも少しずつ個性的な家が生まれていくのですよ。

もちろん可能な限りこだわってOK !

こだわりはなくても良い、と書きましたが、ある方は思う存分発揮して下さってOK。

いろんな好みがあって、それに統一感を出せるのかどうか自信が無いという方もいます。
でもそれをバランスよく整えることができるのが良いデザイナーだと思います。

好みを「できない」と振り払うのではなく、好みを活かすことができる設計者、デザイナーと家づくりをすると楽しいと思いますよ。
私は「こだわり」をうまく整えることができたとき、デザイナーとしてやり切ったという気持ちで満ち溢れます。

こだわりをかたちにした家

Miyudesign

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。
母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。
ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。
家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。