苦手よりも「好き」な家事に注目!~「好きな家事」アンケート結果

洗濯が好き

私は家事が好きではありません。
好きではない、ということよりは家事をする時間が少ないとか、家事をする暇があったら仕事か遊びか子どもたちとの時間を過ごしたい、と思ってしまうのだと思います。

私の場合は、自分自身の時間管理の問題です(笑)

そんなとき、友人から「洗濯が好き」という言葉を聞きました。

洗濯が好き

いえづくりをする上で、好きなこと、嫌いなこと、また今の家で好きな空間とあまり好きではない空間について聞いています。
どうしても皆さん嫌いな方が目に付くので、一度「好きな家事」をきちんと聞いてみたいなと思いました。

そこでツイッターに「何の家事が好き?」というアンケートを設けてみました。

好きという視点のみで回答は1つのみ、さらにアンケート枠の都合で【料理】【洗濯】【掃除】【片付け】の4択にしました。
実際は好きな家事に関しては細かい「好き」があると思いましたので、詳細はコメントで募集。

ある程度想定はしていましたが、数字ではっきり見ると面白い結果になりました。

アンケート結果、数字が物語る好きな家事

アンケートはツイッターにて2月1日より3日間行い、79回答がありました。
その間、Facebookでも声掛けしまして、こちらは20名がコメントしてくれました。
重複している方もいるかもしれませんが、総数99回答。皆さんありがとうございました。

まず、ツイッターの結果より。

 

「好きな家事」アンケート結果

「好きな家事」アンケート結果

合わせてFacebookの回答が、料理:50%、洗濯25%、掃除15%、片付け10%(回答数20)でした。
ほぼ、同じ割合だったんですよね、おもしろい。

料理が半数。
ごはんをつくる楽しみもありますが、「自分自身が食べるのが好き」や「家族が喜んでくれるから」という食事の時間の喜びもありますよね。
料理が一番だろうな、と思っていたのでこれは想定通りでした。

半数が好きな家事「料理」

私自身も強いて言うなら料理かなー、と思っていましたので想定通り。
それも半数が一番好きな家事は「料理」と答えてくれました。

  • 作ることが好き。美味しいものを食べてると幸せ。
  • ゆっくり作るのも好きですが、3つ口コンロフル回転で作った後の達成感!
  • おいしいって言わせたくて、がんばれる!
  • 色々な国の料理を作っていると人間の色々な生活が想像できる。
  • もくもくと切ったり、もくもくと丸めたりして無になります。

やはり料理は自分も作ったものを食べて楽しめますし、家族の「おいしい!」という顔に直結しています!
あと、コメントを頂いた方に男性が多かったのも特徴かも。
うまく男性を促して、美味しい料理を作ってもらうのは良いかもしれない・・・。
男性は素材や味にこだわる人が多いようです。料理の腕をどんどんあげてもらいましょう(笑)

ちなみに、一番「無」になれる料理はコロッケとのこと。私が一番無になれる料理はニョッキかしら?
私はあまり時間をかけない料理が得意で(全く自慢ではありませんが・・・)達成感というのはよく分かります。

また、毎日せざるを得ないことだから一番苦にならないかもしれません、というコメントもありました。

料理しやすいキッチン

太陽と仲良しになれる家事「洗濯」

2番目に「好きな家事」の票が多かったのは「洗濯」でした。

私は洗濯が一番嫌いかもしれません。でも、このアンケートをとったことで気づいたことがあります。

洗濯が好きな人は、好きな理由がすごく「楽しそう」なんです。

  • タオルを畳むこととアイロン掛けが好きです!
  • 洗ってスッキリするのも、パンパンして干すのも気持ち良くて好きです!
  • ニット類の手洗いとかも好きやし、普段の洗濯物干し方にもこだわりあり。
  • センスとか好みとか問われず、家族からのコメントも少なく、ただただ無になってやればいいので
  • 畳むのはテレビ見ながら暖かい部屋で座ってできるし、数分で終わるからです。

天気の良い日に洗濯物を干すのが好き、というコメントが多く、太陽と仲良くなった感じがします。
そしてそれぞれの人が自分のやり方で洗濯を楽しんでいる様子が目に浮かびます。

アイロン掛けが好きな人のための家、テレビをみながら暖かい部屋で洗濯物を畳む人のための家。
一番暮らしと住まいがイメージしやすかったのが「洗濯が好きな人のコメント」でした。

作業ができるアイランド洗濯機

作業ができるアイランド洗濯機

家だけでなく気持ちもすっきりするから好きな家事「掃除」

3番目に「好きな家事」の票が多かったのは「掃除」
掃除はやっぱり汚れやホコリがなくなって家がきれいになることで気持ちもすっきりするからですね。

  • 汚れが落ちていくのが好き。
  • 拭き掃除!床を拭いたらスッキリします。
  • 喘息とかあるから部屋は綺麗にしておきたい。
  • 夢中になれて、成果があるので、気分もすっきりします。

掃除は「決めた時間でできる掃除をやる」「終わりがないので自分が心地良くなれる範囲で掃除する」という方がいました。
毎日完璧に掃除をするのは大変ですものね。

あとは「ゲーム感覚で汚れとの戦いに勝つとステージクリア!ゲームよりも結果が伴う!」というように掃除を楽しんでいる方もいました。それは楽しそう。

でも掃除が好きな方に「片付けが苦手」というコメントがいくつかありました。
掃除が好きなのにうまく片付けられないので、そのあたりが納得がいっていないご様子。

そこで最後は「片付け」が出てきます。

畳と箒

最後に数字をあげてきた「片付け」

アンケートをはじめてから、最初はなかなか票が入らなかった「片付け」
じわじわと数字を上げてきて「掃除」に追いつくか!!というところまで来ましたが、最後まで一番「好きな家事」の票が少なかったのは「片付け」でした。

確かに設計の時も、インテリア相談の時も「片付けが苦手です」という悩みがとても多いです。

「整理収納」のお仕事をされている人が増えているのも分かります。
必要とされているということなんでしょうね。

そして、この「料理」「洗濯」「掃除」「片付け」という4つの家事で分類したときに、一番「方法が分からない」ものなのかもしれない、という感じがしました。

「都会の小さな森の家」のパントリー

一目で見てわかる「都会の小さな森の家」のパントリー

片付けが苦手な人こそ、片付けが好きな人の言葉は役に立つような気がします。
じゃーん!!紹介します。

  • 掃除が一番嫌いだから「掃除しやすいように片づけに注力する」
  • 一番わずかな時間で一番目に見える効果(すっきり感)が得られる

なるほどー!!

掃除が好きな人のコメントと比較すると納得します。

「片付けのベースやルールが決まっていたら」一番楽なのは「片付け」なのかもしれません。

そうです。大事なことに気づきました。「片付けのベースが決まっていたら」なんです。
片付けが好きな方は、住まいの片付けのベースを持っているのでしょうね。
片付けのベースが分からずに闇雲に片づけようとするから、疲れるし楽しくないし、苦手だなと感じる気がします。

この「片付けのベースが決まる収納づくり」については、改めていえづくりレシピで紹介しましょう。

「好き」な家事に注目すると、家事が楽しそうだと感じませんか?

このアンケートをとっている間みなさんからのコメントを拝見し、頂いたコメントにはお返事しました。
今回「苦手な家事」ではなくて「好きな家事」のアンケートにしたことが良かったようです。

どれも、楽しそうなんです。

「家事と言うと味気ない感じがしますが、自分のライフスタイルの楽しみと表現と考えると魅力的な事に思えてきます」

というコメントを頂きました。本当にそう思いました。

「家事」というと、家族の健康と清潔な生活のために仕方なくやっているもの、のような印象がありました。
アンケートのコメントを見て、家族みんなで美味しい笑顔になれる料理だったり、衣服やお部屋がきれいになることで気持ちがすっきりしたり、みなさん色んな楽しみ方をしていることが分かりました。

「家事」が日常の楽しみになれば・・・いいなあ。(そうです、私が一番最初に切り替えるべきなのです。はい。)

好きな家事に関しては「時間をかけない」というのも気づいた点でした。
苦痛にならない程度にして、完璧にやろうとしない。ゲーム感覚や達成感を感じるように、ほどほどの時間で。
家事をこなすために色々工夫されていますね!

毎日家事の時間をかけないように「料理しやすく」「洗濯しやすく」「掃除しやすく」「片付けしやすい」家をつくる。家事が楽しい!と思う家をつくる。

これは私の得意分野です。
今回のアンケートを通じて、家をつくる上でどんな点に注意したら家事が楽しくなるのかがよく分かりました。

今後はこのアンケート結果を反映させた、家事が楽しくなる「いえづくりレシピ」を紹介できそうです。
これも楽しみにしていてくださいね。

一緒に家事が楽しくなる家を作りたくなった!!という方はぜひみゆう設計室にお問合せください。
資料請求して下さった方にはミニ冊子「みゆう設計室の家づくりレシピ」をお送りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です