子育てしやすい家づくり

子どもと過ごす家
育児の考え方や、子どもとの向き合い方は人それぞれ。
だからこそ、その家庭の子どもとの向き合い方が住まいに反映されると、より子育てしやすい住まいになります。

あなたは子育てする上で、どのような家だったら良いと思いますか?

まずは、「どんな家だったら自分たち家族にとって子育てしやすいか」を考えます。
そしてその考えに合わせた間取り・配置にすると良いでしょう。

子育て、と言っても「マタニティ期」「乳幼児期」「就学前後」「小学生」「中高生以上」で住環境も変わります。
つまり、子育てしやすい家とは「変化に対応できる家」なのです。

子育て世代が家を建てる、ということは時間の上でも経済的にも大変なことかもしれません。
せっかく家を作っても子どもが汚したり傷つけたり壊してしまうのが嫌…と言われる方もいます。
でも、「子どもと共に変化し成長していく家」こそ、愛着を感じる魅力的な家なのです。

子育て中だから、家づくりが楽しい。そう思って家づくりをすることが、一番の「子育てしやすい家をつくる方法」だと思っています。

子育てをしやすい家をつくる3つのポイント

  • 子育てに配慮した家
  • 安心できる家
  • 変化に対応できる家

子育てに配慮した家

家で手洗いをする場所
家族の気配を感じられる空間、自立を促す住まい、育児に関わる「もの」が使いやすく片付けやすい場所に収納できる住まい。
子育ての段階に応じて親子が関わりを持ちやすい家をつくるには、自分たちがどのような子育てをしたいかという思いを軸にします。

子育てはマニュアル通りにはいきません。
だからこそ子育てに配慮した家は変化に対応しやすく余白が必要だと思います。

そして、大人がおおらかな気持ちで子どもを見守れる家であれば、子どもも伸び伸びと育つでしょう。
子育てに配慮した家だからこそ、大人が居心地の良い家を作ることも大事です。

安心できる家

リビングから入る水回りゾーン入り口に手洗い
子どもが安心できる家は、両親が笑顔で見守ってくれる家。
そして安心、安全な素材を使い、心地よさを感じる家だと思います。

家で事故が起きない安全の配慮や、耐震強度の高い家にすることも大事。
家具を造り付けにしておくと、地震の時の転倒も避けられます。

気を付けないと危険であることを知るのも家での学びです。
水や火は危険だから使わないのではなく、使い方を暮らしの中から学ぶことも大事です。

そのような安全への思いも家ごとに異なるので、自分たちの安全への考えを家族で話し合うと良いでしょう。

変化に対応できる家

梁下で仕切った子ども部屋
今現在の育児の仕方、子どもとの関わり方だけで「子どものいる住まい」を計画することはできません。
家は完成した時から、家族の暮らしの器としての役割を始めます。

家族の暮らし方、将来の生活スタイルは分からないのですから、その変化に対応できる空間づくりが必要だと思っています。

【幼児期】子どもの過ごす場所を考える
【小学生】子ども部屋を使う?使わない?持ち物の定位置
【中高生】一人の時間、家族との距離感

それぞれの状況、そして子どもが独立してからの家のありかたも考えて、変化に対応できる家を作りましょう。