帰ってきて笑顔になるプチガーデン


 
「プチガーデンを楽しむ家」の1期工事ではエントランスまわりの外構工事、ガーデニング施工を行いました。
気楽にちょっとガーデニングを楽しむスペースをつくるために、玄関前のアプローチを改修し、門扉をデザインして新しいものに変えました。
帰ってきた瞬間、家から外出する瞬間に、ふっと気持ちが穏やかになり元気になるガーデニング空間を目指しました。

プチガーデンが活きる門扉デザイン

玄関アプローチのタイルを張り替え、門扉をデザインして新しいものに変えました。
小さなスペースでの植栽を楽しめるよう、また風通しを良くするためにポストスタンドの下部をOPENにし、軽やかなデザインの門扉+ポストスタンドとなりました。

タイルの色、大きさ、風合いが変わり、シンプルなラインの門扉が入ったことで雰囲気がかなり変わりました。
ステンレスに黒色塗装で製作しました。
製作:aizara

合わせて玄関ポーチ部分の軒裏改修もしています。

オリジナルデザインの門扉(1期)
オリジナルデザインの門扉(1期工事)

ミモザのあるプチガーデン

以前は右側の通路スペースに鉢植えなどを飾られていましたが、通路の左側に土の部分を設けたのでアプローチと植栽スペースが分けられてすっきりしました。
ガーデニング施工は、神戸岡本にあるブルーパルクさん。
建築主が以前からお気に入りで通っているお花屋さんで、施工をお願いしましたら快く引き受けてくださいました。

高温多湿に弱いラベンダーなどは少し高さのある鉢に植えて平坦にならないよう、高さの演出をしてくれています。
aizaraさんに製作してもらったガーデニング用の格子も利用し、コンパクトな植栽空間に高さの演出もして頂きました。

ポストスタンドの下部は風と光が入るようにあけているのですが、ミニバラが下から覗くように植えられ、隣にはミモザが植えられました。ミモザはポストスタンドの上からのぞき込んできます。

さらに玄関横に置かれていた既製品の収納に木製のカバーを設け、サイドに小さな棚を設けたので、ガーデニンググッズもおしゃれに飾れるようになりました。

小さくても変化を楽しめるプチガーデン(1期)
小さくても変化を楽しめるプチガーデン(1期工事)

「プチガーデンを楽しむ家」の概要

プチガーデンを楽しむ家