居心地が良くなるダイニングテーブルの椅子配置

「心が華やぐ家」のテーブル配置はインテリア相談の時に見直ししました。
インテリア相談の前には大きなダイニングテーブルを家族がうまく使えていない様子でした。ほんの少しの変化で、心地よい居場所が生まれるのです。

キッチンとダイニングの間に設けられた本棚

椅子を置き換えただけで心地よさがうまれる

現在は3人家族のお住まいで、テーブルを購入した当時はお友だちや親せきがきたときのために6人掛けの大きなダイニングテーブルを選んだそうです。
せっかく大きなダイニングテーブルを置いているのにも関わらず、実際にこの椅子に腰かける家族がほとんどいないことを悩まれていました。
それだけでなく、どうしてもコーナーに本や書類を重ねてしまう習慣があったそうです。
家のとても心地よい空間に置かれているテーブルで、大きなテーブルなのでスペースをとっていました。

3つの椅子が並んだテーブル配置
【BEFORE】3つの椅子が並んだテーブル配置

そこで、このダイニングテーブルを心地よい場にするために、椅子の置き方を変えました。
3つの椅子が横並びだったのを2つに減らし、1つはテーブルの短手に移動させています。
そうすることでそれぞれの椅子の間隔が広くなります。
お子さんが大人になると、からだも大きくなるので座る椅子の距離が近いと居心地が悪く感じられます。
大人3人ですごすテーブルで3脚の椅子が横並びになっていると、どこに座ったら良いか分からなくなります。
そこで隣り合う椅子の距離を設け、逆に短手に設けた椅子とは斜めの関係ができます。
この置き換えをすることで、どの椅子にも心地よく座れるようになります。

椅子を置き換えただけでその当日にご家族がダイニングテーブルの椅子に腰かけたそうです。心地良い距離感が生まれた、ということですね。

椅子2脚を横並びに置き換え
【AFTER】椅子2脚を横並びに置き換えました

「心が華やぐ家」のような家をつくるには

̃y[WVFA
心が華やぐ家

資料請求の方に家づくりレシピプレゼント

家づくりレシピ

みゆう設計室がわかる「家づくり」の本プレゼント

みゆう設計室で新築・リノベーションの設計をしてほしい、という方の初回ご相談は無料で行っています。

資料請求をして頂いた方には「みゆう設計室の家づくりレシピvol.2」をお届けします。
A5版26ページ、写真たっぷりのいえづくりレシピ。女性目線、主婦目線の家づくり、家づくりのプロセスを紹介しています。
ちいさなインテリア雑誌のようなミニ冊子です。お気軽に資料請求してください。