このブログと女性一級建築士みゆうについて

自身の育児・家事と仕事の両立への悩みを活かした、ママ建築士の家づくり

このブログは神戸在住、主婦・母目線で住宅設計をしている女性建築士みゆうが書いています。
「家づくりの楽しさ」「自身の育児や家事、仕事の経験を活かした住宅設計」「女性建築士の糧となる活動や趣味」などについて書くブログです。

みゆう

「主婦・母目線の家づくりをしているみゆうさんってどんな人?」「女性建築士の家づくりの仕事って?」と思って下さった方がこのブログを読んでくださるとうれしいです。それでは主婦・母目線で住宅設計をしている私みゆうの紹介をさせてください。

女性一級建築士みゆうについて

わたしについて

みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士です。
私自身が働く母。私自身が育児、家事と仕事を両立させるために悩んだ経験をすべて活かして、同じように悩む、子育て中のパパ・ママたちに寄り添う家づくりをしたいと思っています。
心地良く、安心できる家をつくるために。
子供たちへの愛と同じように、大切に愛情をそそいで家を育てる「家族の暮らしから住まいをつくる主婦・母目線の家づくり」を目指しています。

みゆうという名前について

兄・妹の年子母。2005年に子どもたちの名前の一部をとって「みゆう設計室」という名前の設計事務所を開設しました。それからはお客さまからも、知人からも「みゆうさん」と呼ばれるようになりました。

反抗期だった息子とケンカをしたときに「それなら仕事やめる!」と私が言ったことがありましたが「ママの仕事は自分自身(息子のこと)だから辞めないで」と言われたことがあります。それくらい、私にとって育児経験を注ぎ込んでいる住宅設計の仕事です。

みゆう

建築士の私が子供を産み、育児の過程に「間取り」で家事も育児の負担が減ることに気づきました。そして、主婦・母だからこそ、子育て家庭の家づくりに寄り添えるようになりました。

個人で仕事をしているので柔軟で自由な家づくりが可能

みゆう設計室について

個人で設計事務所を構えていますので、仕事のスタイルは「クライアントファースト」。お客さまの暮らしが笑顔で溢れるものになるように、時間をかけてしっかり向き合う住宅設計をしています。
不動産会社や工務店さんの下請けをしていませんので、お客さまと直に契約して設計をしています。

みゆう

みゆう設計室は「こんな家をつくりたい」「こんな暮らしをしたい」という思いに寄り添い、一緒に考えて整理し、あなたにとっての家事・育児負担が少なく、家で過ごす時間が楽しいと感じてもらえる住まいを提案しています!

家事・育児負担を軽減した住宅は複数メディアでも紹介!

メディア掲載

「みゆう設計室の家づくり」は、家事ラクな家、家事をシェアする家、子育てしやすい家などのテーマで複数メディアでも紹介されています。

また、住まいをテーマに執筆・監修なども行っています。

紹介されたメディア
  • 毎日放送「住人十色」/森を望む家
  • 月刊ハウジング(リクルート社)
  • リフォマガ(リフォーム産業新聞社)2019年10月号
  • HappyーNote(ミキハウス子育て総研株式会社)
  • リフォームセールスマガジン(リフォーム産業新聞社)

その他多数。詳細はみゆう設計室公式ホームページ「メディア掲載」「執筆・監修」にて

みゆう

家事が楽になる家の必要性が伝わってきて本当に良かったです!
特に「住人十色」では「家族全員で家事を!考え抜かれた動線の家」というテーマで紹介して頂いたので、たくさんの人から「こんな家を作ってほしい!!」と感想を頂きました。

セミナー講師やワークショップも行っています!

登壇
住宅設計の仕事以外にも様々な活動をしています。

住宅関連では「住まいづくりのコラム」を書いたり、セミナー講師やワークショップを行ったりしています。テーマは女性目線の家づくりや、子育てしやすい家などが多いですね。またフィンランドが大好きなので「北欧の暮らし」をテーマにしたセミナーなども行いました。

登壇実績
  • 「リフォーム産業フェア2019」スキルアップセミナー(リフォーム産業新聞社)
  • 阪神女性応援プロジェクト主催「チアフルゼミ」女性建築士のインテリア講座
  • 大阪学院大学生涯学習講座「北欧の住まいから学ぶインテリア講座」
その他、詳細はみゆう設計室公式ホームページ「登壇実績」にて

みゆう

個人で建築士事務所を営んでいますので、設計できる件数は限られています。その分、いろんな方に女性目線の家づくり、子育てしやすい家、家事ラク動線の家などについて知ってもらいたいなと思い、コラムを書いたりセミナーに登壇したりしています。

家づくりの仕事に限らず、外部活動を行っています

外部活動

家づくりの仕事に限らず、共感する活動の運営に協力しています。母親だからこそ、次世代の人たちもより良い暮らしができるような活動は積極的に協力してきました。

特に「KOBEもりの木プロジェクト」は六甲山の手入れで発生した木(間伐材など)を活用するプロジェクトです。私は母目線で木を活用するアイディアを提案したり、子ども向けのイベントを企画したりしています。今までは一般に使うことが不可能だった六甲山の木が、この活動を通して活用されるようになってきました。

参考 KOBEもりの木プロジェクト六甲山のもりづくり(神戸市公園緑化協会)/外部サイト 参考 六甲山森林整備戦略神戸市(建設局防災課)/外部サイト

わたしが好きな、映画や旅

フィンランディアホール
タイの小学校

好きな映画はエミール・クストリッツァの「黒猫・白猫」「アンダーグラウンド」です。本を読むことも好き。読むのは小説ばかりですが、小説の空間に入るのがとても好きです。

好きな建築家はフィンランドの近代建築家、アルヴァ・アアルト
フィンランドが大好きで、フィンランドを旅したときの話、北欧のインテリアなどについて紹介するブログも書いています。

参考 フィンランドの暮らしを見つめる女子旅フィンランドの暮らしを見つめる女子旅

みゆう

学生の頃はバックパックひとつ背負い、海外一人旅をするのが好きでした。訪れた国は、イタリア・スペイン・モロッコ・フィンランド・タイ・マレーシア・シンガポール・ベトナム・韓国・インド・ネパール。現地の人たちと仲良くなって写真を撮らせてもらったり、家に滞在させてもらったりしました。

旅や映画、また大好きなコーヒーなどについてもブログで書いています。

 

サッカー観戦も大好き

football

息子の影響でサッカーを見るようになり、近年の趣味はサッカー観戦(ヴィッセル神戸)。
大声で応援しているとストレス解消になりますし、たくさんのサッカー観戦仲間もできました。今では家族のような存在の仲間です。
このブログではサッカー観戦を通して思ったことなども書いています。

あのFCバルセロナが神戸にやってきた!~RakutenCUP観戦記録 Rakuten FAN-tastic CUP初めてフルコートでサッカーをしたのがカンプ・ノウという奇跡~バルセロナ旅記録

みゆう

2019年にはヴィッセル神戸ファンであることがきっかけで、なんとスペインのFCバルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウでサッカーをするという奇跡が起こりました。好きであることは素敵な出来事に繋がりますね!!

「女性建築士ブログ」について

このブログは神戸在住、主婦・母目線で住宅設計をしている女性建築士みゆうが書いています。
女性建築士みゆうの日々の仕事や、日々の出来事について書いています。このブログでは6つのカテゴリーを設けました。

「女性建築士ブログ」の6つのカテゴリー
  1. 建築・設計日記
  2. 住宅設計の方法
  3. 女性建築士みゆうの考え事
  4. 間取り相談
  5. ブログ(趣味や日々のできごと)
  6. 活動(設計以外の外部活動について)

みゆう

女性建築士みゆうについて書いてきましたが、次は、女性建築士の住宅設計の仕事や方法、間取り相談に関して紹介します。

建築・設計日記

みゆう設計室の家づくり
みゆう設計室が設計する住宅の設計・工事の過程、暮らし始めてからの様子について書いています。

女性建築士みゆうの考え事

主婦・母目線で住宅設計をしている、みゆうの家づくりの考え事を書いています。

住宅設計は建築主の暮らしに深く入り込むので、デザインの神が降臨するまでは(笑)悶々とすることばかりです。
そんなときに過去に設計したお客さまからメールがきたり、次のご相談が来たりして、今度はハッピーになります。
設計が終わるころにはすべての懸念事項がすっきり削ぎ落とされるので、気持ちもすっきりします。
工事がはじまると、設計意図が施工者にきちんと伝わっているのか不安になります。

そんな気持ちの揺れが盛りだくさんです。でもそういうモヤモヤとしたことや悩みを解決することで、良い家づくりができます。
気持ちの揺れはあるけれど、変わらないところは「お客さんと寄り添う家づくりをすること」です。

間取り相談をはじめた理由

間取り相談
SNSを見ていると、家づくりに悩んでいる人がたくさんいることに気づきました。特に「間取り迷子」と言って、間取りをどうしたら良いか分からず困惑している人が多く見られることもしりました。
一度、SNSを使って声掛けをして間取り相談をしたところ、思った以上に反響があったため、引き続き間取り相談を行うことにしました。
当初は無料相談を条件付きで行っていましたが、現在は有料相談のみを行っています。
間取り相談をはじめてから1年ほどで20件以上の依頼がありました。
現在は間取り相談だけではなく、家づくりのセカンドオピニオンとして、女性目線の家づくりアドバイスサポートもしています。

間取り迷子とは無料プラン相談で間取り迷子に感動と革命が起きる!一連のアドバイスをご紹介

iPadproを使って間取り相談をしています

2019年にiPadproを購入しました。このiPadproのおかげで住宅設計の仕事も、間取り相談もスピーディに進められるようになりました。
このブログでiPadproを購入したこと、また住宅設計に使っている方法などを書きましたら、リフォーム産業新聞社さんの「リフォマガ」の取材依頼があり、特集で「iPadproの活用」について取り上げて頂きました。

リフォマガに掲載

iPadpro11インチ新型iPad Pro(11インチ)、建築仕事に使うために導入しました GoodNotes5で間取り相談新型iPadproを仕事に活用~GoodNotes5でペーパーレス間取り相談

みゆう

インテリアスケッチを描くだけでなく、図面や関連書類の整理、急にかかってきた電話のメモなども一緒に整理できるのでとても便利!何より書き心地が良いのがiPadproの良さだと思います。

ブログ、ホームページの再編について

このブログは2017年夏から秋にかけて公式ホームページから移行してきました。
過去にホームページ上で同列に書いていた「女性目線の住宅デザイン」に関するコラムは「いえづくりレシピ」にまとめ、女性建築士みゆうのブログとしてこのブログをつくりました。建築・設計ブログ、間取り相談に関してもこちらのブログに書いています。

数回にわたってリニューアルしてきましたが、2019年にブログ再編し「女性建築士ブログ」とタイトルを改めました。2005年から外部ブログを転々としてママ建築士ブログを書いてきましたが、その一部もこちらのブログに移行しています。

みゆう設計室の住宅設計の事例は公式ホームページをご覧ください。


いろんな悩みもあって日々全てがうまく行くわけではないのですが。
暮らしや子育てに悩むことも、暮らしを楽しむことのひとつなのかな、とも思っています。

家づくりもいろんな悩みを解決することから、心地よい暮らしが作れます。
家づくりの過程の楽しさもこのブログで伝えていきたいと思っています。

資料請求で「家づくりレシピ」をプレゼント

いえづくりレシピ
みゆう設計室がわかるハンドブック

資料請求して下さった方に、A5版26ページのハンドブック「みゆう設計室の家づくりレシピ」をプレゼントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です