「距離感」の記事一覧

子どもの幼児期は親子がお互いの様子が見て安心できる間取りが好まれます。
その時期は、子どもの居場所とお母さんが家事をする場所のそれぞれの心地よさが必要です。

子どもが大きくなると、今度は子どもの様子が見えにくくなります。
そういう時は近くにいて様子を伺いながらも、子どもが自分の居場所を感じる空間をつくると良いと思います。

これは夫婦二人の関係、親子二人の関係も同じ。
向き合い過ぎるとケンカになることもあります。

いつも同じ空間に一緒にいるから安心するのではなく、ほど良くお互いの存在を感じ、尊重しあう空間は、居心地の良い空間になります。

家族の距離感、来客の居場所など、住まいの中での「距離感」を考えたいえづくりレシピを紹介します。