「家事動線」の記事一覧

家事の動作を理解していると動作を最小限にできる間取りや、物の配置を考えられます。
機能的な動線にするということは、作業をする場所と、リラックスして家族と集う場所とを分ける必要もあります。

リビングで部屋干しをしたり、リビングから洗濯物が丸見えの家がありますが、リラックス空間での居心地を損なってしまいます。
「動線上」のリラックスゾーンがは居心地が悪くなる点にも気をつけましょう。

また、人によって家事の仕方は変わります。
家事ラク動線の一般解にこだわると収納が減ったり思ったより使いにくいこともあるので、自分の家事の仕方に合わせた家事ラク動線の家にすることが大事です。

こちらでは家事動線の良い家のつくりかたを紹介します。