キッチンを囲む家

敷地の法的条件が 厳しい中で空間を最大限活かしたこの家は、共働き家庭の家事負担を軽減し、家族が集う時間をできる限り楽しめるようにキッチンを家の中心に設けた間取りとしています。
玄関から室内に入り、リビングダイニングに入るとキッチン南面に大きい開口を設けて室内と連続させて使えるウッドデッキ、ワンステップ上がった床座のリビング、光と風をとりこんだ空間を、家族がゆったりと過ごせるように計画しました。
2階はお風呂や洗面所等の水回りを設けているのでコンパクトになりますが、バルコニーの前室のようなスペースをフリースペースとして洗濯物の室内干しもできるようになっています。このスペースは日当たりも良い自由に使える空間なので、電子ピアノを置くスペースにもなっています。

PHOTOALBUM

 

家づくりのポイント

  • 敷地条件を最大限に生かせる間取り
  • 自然素材を使いながらもメンテナンスをしやすい材料の選定
  • 共働き家庭の暮らしやすい間取りの家
  • 家族が集う時間をできる限り楽しめるように間取り
所在地 神戸市
工事種別 新築 木造住宅 2階建
延床面積/建築面積 105.98㎡(32.0坪)/52.99㎡(16.0坪)
設計・監理期間 2012.2~2012.12
施工 株式会社 匠建築工房
オーダーキッチン 神戸スタイルキッチン
写真撮影 アサンテ・フォト

「キッチンを囲む家」のような家をつくるには