家族の気配を感じる家

敷地形状から最大限の空間をデザインした外観

家族の存在を感じあえる家にしてほしい。
その願望と敷地条件を合わせる事によって、この家の姿は生まれました。
少しのスペースは収納に活かしたり、デスクスペースを設けたりして、空間を最大限利用しています。
本棚や共有デスクがあるフリースペースとロフトを介して個室がそれぞれつながっています。引き戸を開けていれば連続した空間になり、個室にいても家族の気配を感じあえる住まいです。

「家族の気配を感じる家」の設計の特徴

斜めの袖壁と格子のバルコニー手摺が特徴の外観

敷地条件を最大限に生かせる間取り

この敷地の法的条件を最大限活かした形状の建物。斜めの袖壁と格子のバルコニー手摺が特徴の外観です。

三角形のカウンター家事用デスク

家族の気配を感じあえる間取り

2階の個室の間にフリースペースを設け、階段とフリースペースを介して家族の個々の空間が繋がる間取りにしています。

共有スペースから上がったロフト

空間の無駄のない活用と明るい住まい

暗くなりがちな北側の部屋にもロフトを介して明るさを取り込んでいます。子ども部屋は勾配天井の開放的な空間で、引き戸をあければフリースペースと一体の空間として使えます。

「家族の気配を感じる家」のフォトギャラリー

※画像をクリックすると拡大します。
 

「家族の気配を感じる家」空間の紹介

所在地 明石市
工事種別 新築 木造住宅 2階建
設計期間 2005.3~2005.7
設計監理 ※川添純一郎建築設計事務所とのコラボレーション
写真撮影 玉森潤一

「家族の気配を感じる家」のような家を建てるには