本棚の家

本が好きな家族の家。家族がそれぞれ個室で自分の空間を持つため、中庭に面した通路を広げて、図書コーナーを設けました。家族にとって「特別な場所」となるように。

奥に長い建物であるため廊下が単調にならないよう、空間の連続性を重視して部屋の配置を考えました。

「本棚の家」の設計の特徴

中庭に面した読書スペース

中庭を眺められる読書スペース

本が好きなご家族でしたので、中庭に面した本棚のある空間を設けました。広めの廊下のようなスペースで椅子を置いたり、床に腰かけたりして日当りの良い空間で読書を楽めます。

リビングと隣り合った畳コーナー

小さな畳スペース

リビング横、本のスペースの背面に畳スペースを設けました。少し籠った印象の小さなリラックス空間です。お子さんが昼寝したり遊んだりするのに適した空間です。

瓦屋根が連なる外観

瓦屋根の和風な外観

細長い敷地なので、正面はその大きさを強調しないシンプルな外観に。瓦屋根のお住まいです。

玄関照明に飾り棚

飾り棚のある玄関

玄関収納に飾り棚、玄関正面にニッチがあり、お花や絵を飾れる玄関です。

設計概要

所在地姫路市
工事種別新築 木造住宅 2階建
設計・監理期間2005.9~2006.2
設計監理※川添純一郎建築設計事務所とのコラボレーション
写真撮影玉森潤一

「 本棚の家 」のような家を建てるには