主婦・母目線のいえづくり。実は男性、ご主人からの設計依頼が多い。

主婦・母の立場や視点を活かして住宅設計をしているのですが、実は女性からより男性、ご主人からの設計の依頼が多いのです。 女性の設計なので、男性はいえづくりの話題の中に入れないと思う方もいるようですが、いえづくりとは家族みんなで行うもの。 ご主人、お子さん、同居・別居に関わらずご両親などの声を聴くこともあります。 (もちろん、そのご家庭によるので話を聞く方はそれぞれですが。) そもそも、女性建築士の設計って男性の建築士の設計と何が違うのでしょうか? また、なぜご主人(男性)が女性建築士に設計を依頼するのでしょうか? 今回は「女性目線の家づくりってどこが違うの?」というテーマで「いえづくりレシピ」を紹介します。 女性建築士の設計

女性と男性の建築士の違いって何?

女性建築士と男性の建築士、どちらがいいか。それは本当は比較できるものではありません。 女性の建築士さんが良いですよね、と言われることは確かに増えました。 そのように質問されると、私は必ずしも女性だから良いとは限りませんよ、と言います。 合う、合わないはデザインの好み、対話の仕方、全て相性だと思いますから。 女性だと家事のこと育児のことをよく分かってもらえるから、と思われる方もいますが、男性でも家事育児をこなしている建築士さんはいます。そのような方、結構存じています。 逆に女性でも、家事や育児のスタイルが異なったら暮らしに合う設計ができないかもしれません。 主婦・母目線のいえづくり

女性建築士だから家のことを伝えやすい

ただ、お医者さんでも女医さんが好まれ選ばれるように、以前に比べたら設計者も女性を指定するケースが増えているようです。 女性の建築士さんが増えた、ということもあるでしょうね。 お医者さんは敢えて女医さんを選ぶ、という女性は多いようですが、実は私自身女医さんを選んだのに説明の仕方が合わなくて続けて通院しなかったことが数回あります。 私はその女医さんとは合わない、と思いました。 今では女性男性問わず、自分に合うお医者さんかどうかというところで選ぶようになりました。 みゆう設計室の場合は、お問合せが来る時点で「女性の設計者だから」というのが理由のひとつです。 ただ、女性だから、という理由だけで依頼があるわけではありません。 ホームページやブログを見て依頼したいと思った、作品や空間の雰囲気が好きだから、というような理由に「女性建築士だから」という要素がプラスされる印象です。 ですから、敢えて女性の設計者を選ぶのであれば「女性だから自分たちの理想の家ができる」という考えはなくしてほしいです。 むしろ「この女性だったら家のことを伝えやすい、そしてそれを形にしてくれそう」という判断で選んで欲しいなと思います。

男性と女性デザインや設計過程の違いは・・・

とはいえ、個人差はありますが男性と女性の設計の違いはあるかな、と思います。 比較的男性の方が細部までラインの美しいデザインをする印象があります。 また、女性の方がインテリアや感覚的な部分に重きを置いてデザインする印象があります。 私は女性なので、女性の設計者のメリットと言えば「違和感を察知しやすい」ことかなと思っています。 「違和感」って男性より女性の方が多く見られる気がします。 男性は条件をクリアしていればOKな方が多いですが、女性は条件をクリアしているのにしっくりこなくて悩む方がいます。 ここに気づくかどうかも人それぞれですが、女性の方が気づきやすいと思うのです。 あとは私が女性なのでキッチンの中や収納の中、片づけられなくて困っている部分なども見せてもらっています。 また、奥様ひとりの時でも訪問して打合せできるのも女性建築士ならではだと思います。 女性なので安心してもらっている部分はあるでしょうね。 もちろん私自身が母なので、小さいお子さんが打合せにいらっしゃっても全く問題ありません。 男性建築士の方のメリットもたくさんありますが、自分が女性なのでうまく説明できず・・・その点は比較できずすみません。 夏のダイニングのヌック

なぜご主人(男性)が女性建築士に設計を依頼するのか

今まで設計してきた住まいの一番最初の問い合わせを考えると、実はご主人からの依頼は多いのです。 理由としては
  • 他でも相談してみたけれど、それに対して奥様が「自分が望む家づくりと違う」と感じているため
  • 奥様の思いを細やかにくみ取って丁寧に家づくりをしてくれそう
  • 奥様の細やかな要望をきちんと形にしてくれそう
というように、泣けてしまう程奥様思い。 ご主人からの依頼でない場合も、奥様のいないところ(もしくはメールなど)で、奥様への思いや気遣いについて話してくれます。 「主人は〇〇してくれなくて・・・」みたいな会話も設計の間には出てくるのですが、気づかないところでご主人は奥様に気をつかわれているのですよ。 もちろん、逆にご主人に気遣う奥様も多いのです。 お互いを思う気持ちが住まいの要望に歪んで出てしまい、ご夫婦でケンカになることもあります。 だからこそ、私は夫婦お二人のメールアドレスをもらって、それぞれと要望のやりとりをすることがあります。 これ、効果あるのです。

女性建築士だから女性中心の家になるのか

細かい水周りの設計や家具の設計の打ち合わせは奥様と二人で行うことはよくあります。 女性ばかりで考えるため男性の居場所が無い家になる、と思われることもあるようです。 でも、水周りに関しては女性にとってシンプルに使いやすいものを目指しています。 「ひと目見て取り出す場所がわかり、片付ける場所が決まっている」収納は家事ラクに。 むしろ、ご主人やお子さんにとっての使いやすさを想定してプランニングするので、男性が家事をしやすい家なのではないでしょうか。 そして、そのように自由に家づくりを楽しませてもらっている奥様は、ご主人への配慮も欠かせません。 リラックスするための居場所、ご主人に負担のない収納方法、ひとりになれる書斎など確保する事例も多いです。
書斎と子ども部屋が連続した空間に

書斎と子ども部屋が連続した空間に

主婦・母目線の設計で安心できる家をつくりたい方は

男性の設計、女性の設計について書きましたが、私の場合は主婦・母目線のいえづくりを得意としています。 家事が楽になって居心地の良い、主婦・母目線の家を一緒につくりたい、という方は気軽にお問合せくださいね。 日々のひとつひとつの暮らしのシーンが好きだなと感じる、そのような家づくりを一緒にしたいと思っています。 資料請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です