新型iPadproを住宅設計に活用~AdobePhotoshopSketchでインテリアスケッチを

新型iPadproを導入してから、仕事にも私用にも大活躍しています。
実は初代iPadを使っていたこともあり、iPadは「重くて大きいだけのスマホ」というイメージを持っていました。
でも最近iPadで描かれた「イラスト」や「写真へのおしゃれな文字入れ」を見るようになり、これは私が思っていたiPadのイメージとはだいぶ変わっているのではないかと気づいたのです。

ここまでのiPadpro関連記事はこちら

描き心地最高のペーパーライク保護フィルム新型iPad Pro(11インチ)導入しました GoodNotes5で間取り相談新型iPadproを仕事に活用~GoodNotes5でペーパーレス間取り相談

手描きのインテリアスケッチをデジタル化させる

色のイメージをみるスケッチ

今までも新規のご提案や、設計途中のインテリア提案に手描きスケッチを使っていました。
手描きはCADの3D画よりも雰囲気よく暖かい印象で描けるのが良いのですが、手描きで紙に描くときのデメリットもありました。

手描きスケッチ(紙)のデメリット

  • 色塗りで失敗したら一からやり直し
  • イメージした色と近似したペンが無いことがある
  • 床の色を常に同じ色で描くと、途中でペンのインクがなくなる
  • 紙をたくさん使う

この手描きのインテリアスケッチをiPadproでデジタル化したことにより、紙に手描きしていたときの全てのデメリットをなくすことができました。
失敗しても描きなおしでき、紙の使用を減らし、ペンのインク不足や色不足に悩むことがなくなるとは!

AdobePhotoshopSketchでインテリアスケッチを

iPadproでスケッチを描くときに使っているのが「AdobePhotoshopSketch」
先日の間取り相談でも「収納が使えるのかどうか分からない」という悩みに対して、スケッチをささっと描いてお送りしたら「イメージしやすかった」とのこと。
画像として保存できるので、すぐに資料に入れられるのも便利です。

参考 AdobePhotoshopSketchAdobe

心地良く過ごせるダイニング

パース線を使ってラフで下書きを描く

このPhotoshopSketchの便利なところは「設定」にある「グリッド」。
その中で「遠近法のグリッド」を選ぶと1点透視、2点透視のグリッドを設定できます。

この遠近法のグリッド、パース線をつかって描けばラフ図もとても簡単。

PhotoshopSketchでラフの線を描く

別レイヤで本番の線画を描く

下書きで寸法や形状などラフで描いたら、下書きレイヤの透明度を50%くらいにします。
そのあとに別レイヤで本番の線画を描きます。
私は下書きも本番の線画も「鉛筆ツール」を使います。本当に鉛筆で描いているように仕上がりますし、太さも変えられます。
このリアルな手描き感がiPadproとApplePencilのすごさですね。ちなみに手描き感が増す保護フィルムを利用しています。

PhotoshopSketch別レイヤで線画を清書

PhotoshopSketchの下書きレイヤを消す

描き終わったら下書きレイヤは非表示に。
線画も濃くしたい場合はレイヤを重ねて一番上に表示します。

レイヤごとに壁、天井、扉と色を重ねる

線画ができたら、線画のレイヤを一番上にして別のレイヤで色を重ねて行きます。
広めに塗って、ぼんやり消していく方法が好きです。

壁のレイヤ、扉のレイヤ、天井のレイヤなど、いくつものレイヤを使って色を重ねられるのが最高!

PhotoshopSketchのレイヤで壁から色を重ねる

PhotoshopSketchで色を重ねる

PhotoshopSketchでインテリアスケッチ

別レイヤで本番の線画を描く

2点透視のグリッドがあるので、建物の外観を描くのも描きやすいです。
特に何パターン化の外観を描こうと思った時には、フレームを先に書いてスケッチをコピーペーストすることで作業を減らすことができます。

今までは紙にスケッチで描いて、それをスキャンして色調整をしていたのですが、描いたスケッチをそのまま画像化できるのもとても便利です。

建物の雰囲気を見せることが目的なので、あまり上手ではありませんが。
ペーパーレスでイメージした色を再現できるので伝わりやすくなったかなと思います。

これからも活用していって、もっとうまく表現できるようになりますね!

iPadproで描いたインテリアスケッチ

描き心地最高のペーパーライク保護フィルム新型iPad Pro(11インチ)導入しました GoodNotes5で間取り相談新型iPadproを仕事に活用~GoodNotes5でペーパーレス間取り相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です