六甲山の間伐材を使ったカフェカウンター~都会の癒しの森

芝生とアーバンピクニック
今日はお昼に、神戸、東遊園地にて開催されている URBAN PICNIC の会場に行ってきました。
それはもう、心地良い芝生!!

神戸市役所のお隣でもあり、ビジネス街でもあるので、お昼の時間帯はお弁当を持った方たちであふれかえっていました。
設置のときに少しお手伝いしてきましたが、とても素敵な本棚になっていました。

スタッフの皆様、お疲れさまです!!

六甲山の木のカウンターとアーバンピクニック

六甲山の間伐材を使ったカフェカウンター

アーバンピクニックと六甲山の木

このカウンターや腰板が六甲山の間伐材です。
間伐材の製材、加工の流れを作っている「シェアウッズ」さんが作られた間伐材のお知らせ。

「六甲山の森を、本棚に。」

いいですねー!!森が都会の中に来た!という感じがします。

KOBEもりの木プロジェクト(今回の間伐材本棚も含む)のお知らせ。

アーバンピクニックとKOBEもりの木プロジェクト

お手伝いのときの様子

アーバンピクニック準備中

途中まで「腰板張り」のお手伝いをしてきました。
この木も六甲山の間伐材を利用しています。

今、六甲山の間伐材利用を考える活動「KOBEもりの木プロジェクト」第一弾のお披露目がこの URBAN PICNIC なんです。

神戸の街の公園に、森がやってきました。
このバーカウンターの天板も、耳のついた樫の木、荒いままのカウンター。

腰板も何種類かの木が張られていますよ。

ぜひ、開催中に足をはこんでみてくださいね!

大地のパワー、癒しの場

ふらっと立ち寄って、気になる本を読んで仕事に戻ろうとしたら、さすがパワースポットですね、いろんな人がここに吸い寄せられているようで、出会うんですね、素敵な方たちと。
芝生でストレッチして、大地のパワーを頂いて(私の場合はパワー溜めすぎてるので放電しないといけないらしいですけど!!!)アースしてきました。

癒しの場は、ひとがつくる。
与えてもらうものではない、という気がします。
すごく素敵な社会実験ですよね。

そう、そして、癒しの場は、ひとがつくる。
家の癒しの場も、自分がつくる、のです。

なぜ心地良いか理由が分かれば、それを阻害する物も避けることができるし、より良く変化させることもできます。
そんな癒しの場を、作ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です