程良い距離感の家

ワークスペースのグリーンの壁紙と本棚

家族の暮らし方をみつめなおして、3DKのお住まいから間仕切りひとつのほぼワンルームのお住まいにリノベーション。

「家をきれいにしたい」と思いスタートした計画がこの間取りに変わったのは、どんな暮らし方をしたいのか、家族がどう距離感をもって暮らすのか、 真剣に考えて答えが見つけられたからでした。

リノベーションによって、家族の関わり方まで整理することができます。ほぼワンルームのお住まいではありますが、目線、気配、距離感などを細密に計画していますので、それぞれのゾーンでの居心地の良さも作りだしています。

「程良い距離感の家」の設計の特徴

床には無垢の杉板を貼りました

管理しやすい本棚とワークスペースの距離感

ご主人の仕事に関係する本を管理できる本棚を設けました。ご夫婦共に自宅で仕事をすることが多いので、それぞれのワークスペースを決めて、程良い距離感で仕事ができるようにしています。

収納は樹木柄のカーテンでクローズ

デイベッドを使用した寝室兼リラックス空間

日当りの良い部屋は寝室兼リビング(リラックススペース)に。座卓を置いているので食事をすることも。ワークスペースと一体に使うことも分けて使うことも可能で、光と風が通り抜けるようになりました。

程良い距離感の家のキッチン

家の中心にキッチンを設ける

ワークスペースとリラックススペースの中間にはキッチンがあります。キッチンの背面にハイカウンターを設け、家電やゴミ箱を外側に見せないように置きながら作業スペースも確保しています。

お客さまの声

3DKのお住まいがほぼワンルームに
家に居場所が無い、本がたくさんあって管理できない。そんな暮らしから脱却するために、そしてこれからの暮らしをつくるためにリフォームをすることに決めました。
みゆう設計室さんとの家づくりは、暮らし方を考えるきっかけになり、また工事が進んでいく過程もとても楽しかったです。
以前から家の整理に関わってくれたYさんを交えて、収納の仕方や収納量についてアドバイスをしてもらいながら家をつくったので、ものは増えることがありますが捨てる判断などもできるようになりました。キッチンにガスオーブンをつけたので、パンやお菓子を焼くこともあります。キッチン周りは作業がしやすく、カウンター上がすっきり片付くととても心地よいです。

 

いえづくりのプロセス

所在地 豊中市
工事種別 RC造集合住宅 リノベーション
工事範囲 室内全体(浴室・洗面・トイレ・玄関を除く)
設計・監理期間 2013.12~ 2014.08
施工 株式会社 匠建築工房

「程良い距離感の家」のような家をつくるには