岡山の家

岡山の家

東西に長い敷地で南面を広く確保できるとても恵まれた敷地に新築住宅を建てた「岡山の家」
南面に大きな木製窓を設け、南側に広く開口した住まいです。

この南面の窓を設けたリビングダイニング上部は吹抜で、吹抜を介して家全体がつながっています。
高い天井で日当たりが良く、解放感がある空間です。家族の気配をいつも感じられる、ゆったり広々としたお住まいです。

「岡山の家」の設計の特徴

主寝室からながめるリビング

吹抜を介して家全体がつながる

広いリビングダイニングの吹抜けは心地よくゆったりとした空間になり、家全体を繋げる効果があります。リビングダイニングが開放的なので魅せるキッチンをデザインし、冷蔵庫などの家電はパントリーに置けるように計画しました。

「岡山の家」の外観

南面に広く開放した間取り

東西に広い良敷地なので、その環境を活かして南側に広く開放できる間取りにしています。リビングダイニングは広く南側の縁側に繋がるように全て引込できる木製のサッシを設けました。

畳敷の主寝室

畳敷の主寝室

吹抜けのある大空間と対象に、主寝室は少し籠れるような落ち着いた畳敷の部屋にしています。掃除がしやすいようにテレビなどを置ける収納カウンターも設置しました。

お客さまの声

岡山の家~階段

一番お気に入りの場所は、パントリーです!
こまごまとしたものも、子どものお便りも全て収納できるので、家がすっきり見えます。収納だけではなくて、もちろんリビングも一日中光が入って明るくて素敵です。
また、シューズクローゼットを設けたおかげで、子供が靴を自分でしまえるようになりました。出しっぱなしではなく、自分の棚にきちんと靴がしまえてます。

天気がいい日はウッドデッキでランチを食べることも。リビングから見える庭の風景も大好きです。
今まで住んでいたアパートは夏がとても暑かったのですが、夏が最高に気持ちいい。今は夏が一番好きな季節になりました。

 

いえづくりのプロセス

所在地 岡山市
工事種別 新築 木造住宅 2階建
延床面積/建築面積 147.40㎡(44.5坪)/104.17㎡(31.5坪)
設計・監理期間 2009.12~2011.8
施工 株式会社 米原建築
オーダーキッチン 神戸スタイルキッチン
暖房設備 サーマエンジニアリング株式会社

「岡山の家」のような家を建てるには