岡山の家

東西に長い敷地で南面を広く確保できるとても恵まれた敷地に新築住宅を建てた「岡山の家」
南面に大きな木製窓を設け、南側に広く開口した住まいです。

この南面の窓を設けたリビングダイニング上部は吹抜で、吹抜を介して家全体がつながっています。高い天井で日当たりが良く、解放感がある空間です。家族の気配をいつも感じられる、ゆったり広々としたお住まいです。

「岡山の家」の設計の特徴

家の顔となる家具のようなキッチン

家の顔となるキッチン

LDKに入って正面に見えるキッチン。濃茶の面材と白の人工大理石のラインが美しいオーダーキッチンです。家具のようにインテリアに馴染むシンプルなデザインで、冷蔵庫を含む家電はパントリーに収納できます。

吹抜けを介して家中の気配を感じられるリビングダイニング

吹抜を介して家全体がつながる

広いリビングダイニングの吹抜けは心地よくゆったりとした空間をつくり、家全体を繋げています

大きな窓と吹抜けに面して高窓があり、光がたくさん入り込む開放的なリビングダイニングです。ご家族のおおらかさを表現したような空間です。

畳敷の主寝室

畳敷の主寝室

吹抜けのある大空間と対象に、主寝室は少し籠れるような落ち着いた畳敷の部屋にしています。

掃除がしやすいようにテレビなどを置ける収納カウンターも設置しました。

この主寝室からも吹抜け空間をのぞき込める小窓があります。

木目がきれいなウッドデッキ軒裏

南面に広く開放した間取り

東西に広い良敷地なので、その環境を活かして南側に広く開放できる間取りにしています。

リビングダイニングは広く南側のウッドデッキに繋がるように全て引込できる木製のサッシを設けました。

お客さまの声

「家具」として暮らしの一部となるようなキッチン

一番お気に入りの場所は、パントリーです!

こまごまとしたものも、子どものお便りも全て収納できるので、家がすっきり見えます。収納だけではなくて、もちろんリビングも一日中光が入って明るくて素敵です。

また、シューズクローゼットを設けたおかげで、子供が靴を自分でしまえるようになりました。出しっぱなしではなく、自分の棚にきちんと靴がしまえてます。

天気がいい日はウッドデッキでランチを食べることも。リビングから見える庭の風景も大好きです。今まで住んでいたアパートは夏がとても暑かったのですが、夏が最高に気持ちいい。今は夏が一番好きな季節になりました。

設計概要

所在地岡山市
工事種別新築 木造住宅 2階建
延床面積/建築面積147.40㎡(44.5坪)/104.17㎡(31.5坪)
設計・監理期間2009.12~2011.8
施工株式会社 米原建築
オーダーキッチン神戸スタイルキッチン
暖房設備サーマエンジニアリング株式会社
みゆう建築士
みゆう建築士

東西に長く南側に大きく窓が取れるとてもよい敷地で、大きな窓を設けたとても開放的な家になりました。最初のご要望には無かった吹抜けの間取りをご提案してから、少しずつ吹抜けの空間に魅力を感じて下さったようです。広く開ける空間とこじんまりとした空間のメリハリがあるのでとても居心地の良い家になりましたね!

「森を望む家」空間別にご紹介

「岡山の家」のような家を建てるには