家族の気配を感じる子ども部屋


 

「家族の気配を感じる家」の子ども部屋の勾配天井の高窓は、ロフトとつながる窓になっています。

ロフトやフリースペースを介してつながる子ども部屋

フリースペースからロフトに上がることができ、ロフトと子ども部屋を連続させています。
子ども部屋の入り口は2つドアがあり、梁下で間仕切りを設ければ2部屋に分けられるようにしてあります。
引き戸なので、開け放しておくと共有デスクや本棚があるフリースペースと子ども部屋が連続した空間になります。
家族の気配を感じあえる、デザインです。

子ども部屋の隣に共有のデスクや本棚があるフリースペース
子ども部屋の隣に共有のデスクや本棚があるフリースペース

サブリビングのデスクとロフト

1階から階段をあがると、そこには家族が自由に使えるデスクスペースが。
それぞれの個室に入る前に、共有の場所がある。
本棚を共有したり、デスクを共有したり。
子ども部屋は引き戸になっているので、扉をあけていれば子ども部屋と一体の空間になります。
そして、このフリースペースからロフトに上がることができます。

個室をつなぐ階段上のスペースに共有デスクと本棚を
個室をつなぐ階段上のスペースに共有デスクと本棚を