【映画・北欧】365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

神戸での公開を待ちわびていた、映画 「365日のシンプルライフ」 を見てきました。

気付いたら公開終了間際だったので慌てました。この映画は、フィンランドヘルシンキが舞台で「人生で大切なもの」をみつける365日のモノがたり。

「人生で大切なもの」をみつける365日

家の全てのモノをコンテナに入れ、365日間、1日1つずつ、必要なモノを持ち帰る。そして、1年間、モノは買わない(食事は別でしたね、それはそうよね。)

という実験をしたというストーリー。

舞台はヘルシンキ

本当に必要なものなんて100くらいしかないんだ。確かにそうかもしれません。うちも今モノが増えてしまっているので必要なモノだけに整えていきたいなと思いました。そして、この映画舞台がヘルシンキなので・・・

ヘルシンキのトラム
ヘルシンキのトラム

トラムに乗っているシーンや・・・

ヘルシンキ中央駅
ヘルシンキ中央駅

ヘルシンキ中央駅なんかも出てきました。やっぱり好きです、フィンランド。

本当に大切なもの、って何なのか。私ももう一度考えてみよう。

その他の女性建築士ブログ