広い空間を自由に使えるリビングダイニング


 
「フレンチナチュラルスタイルの家」のリビングダイニングは家族でくつろげる広々空間です。
リノベーション前は家族が過ごす空間があまり明るくなかったので、心地良くて明るいゆったりとした空間をつくりました。

あかるく柔らかい雰囲気の広々リビングダイニング

風通しが良く明るいリビングダイニングにすることは今回のリノベーションの目的でもありました。
以前は湿気がたまりやすい部屋だったのでしっかり風を通し、壁・天井をシラス壁にしています。
リビングダイニングの床は無垢のパイン床を張りました。

リビング、キッチンと一体の広いダイニング
リビング、キッチンと一体の広いダイニング

ぞうさん柄のフロントレース

大きな連続窓には柄の愛らしいふんわりとしたレース+遮光シェードを設けています。
朝の日差しがかなりきついそうですので遮光生地が必要というご要望でしたが、遮光生地はどうしてもインテリアに重い印象を持たせます。
スミノエのぞうさん柄のレースをフラットのフロントレースとして、厚地のシェードを窓側に。
やわらかい雰囲気になり、リビングダイニングの空間にフィットします。
カーテンもフロントレースにし、家づくりをする際にご要望があったカーテンフックも使用しました。

ゾウさんのフロントレースのカーテン+遮光シェード
ゾウさんのフロントレースのカーテン+遮光シェード

装飾ガラスのドアのあるリビング

テラスとリビングの間にはレインドロップ(雨粒のような)ガラスを使ったドアを、廊下からの入り口はチェッカーガラスの入ったドアを使用しています。
ドアはカウンター収納などと同じ濃茶に塗装。
当初は床も濃茶に塗装しようと思っていましたが、床はクリアで仕上げたので明るい印象の空間になりました。

レインドロップガラスの建具
レインドロップガラスの建具

リビング入り口のクローゼット

リビングに入る建具の横にはクローゼットを設けています。
リビングまでお子さんがコートを着てくることを想定しています。
また、カバンなども入れられるように、室内に入る手前にクローゼットを設けました。

リビング入り口横にはコートなどをかけられるクローゼットを
リビング入り口横にはコートなどをかけられるクローゼットを

キッチンとリビングダイニング間の収納

RC造なので、中央に大きな柱が入っているのですが、この柱のまわりにカウンター収納を設けました。
ダイニングとキッチンを間仕切るゾーン分けの意味合いを持ち、柱の背面にはウォーターサーバーを置けるようにしてあります。
(そのため、カウンターが一部カットされています)

アイランドキッチンで朝ごはんやおやつを食べる時に、お子さんが自分でお水をいれることができるように。
また、リビングダイニング側からウォーターサーバーが直に見えないように配置しています。

柱周りに設けたカウンター収納
柱周りに設けたカウンター収納