モロッカンなタイル、コラベルを背景にしたダイニング収納

「コラベルがある暮らし」のダイニングにはコラベルというモロッカンなタイルを貼った壁面に収納を設けました。
ダイニングではありますがご主人のワークスペースでもあり、ダイニングとワークスペースの機能を満たすデザインになりました。

コラベルというタイルが貼られたダイニング収納
コラベルというタイルが貼られたダイニング収納

最終的には1種類貼りに至ったコラベルの壁

形に関してはあまり悩むことのない壁面収納でしたが、OPEN部分に貼られたコラベルという名前のタイルと、キッチンの開口部壁のセルフペイントの色、さらにキッチン背面収納につながる色でかなり検討をしました。
奥様がグリーンが好きで、コラベルも当初はグリーンを入れる予定でした。

ここで登場したのがデスクで使用する「椅子」
あたらしい椅子をご主人が新調されたとのことで、その色を伺うと「赤」
うーん。これはグリーンが合わなくなるかも・・・

ということで考え抜いた先に出てきたのが「霞色」のキッチン。
さらに、コラベルもベージュ単色、というなんともシンプルなものになりました。
色を組み合わせるのが素敵なコラベルですが単色でも焼きムラがあるので白とベージュが混じりあう印象です。
そして、目地をベージュにして上品なタイルの壁になりました。

コラベルは淡色でベージュの目地に

見せる器はガラスの框戸の中に

この収納のあった場所にはもともととても上品な食器棚が置かれていました。
その食器棚に置かれていた器はそのままガラスの框戸に入れて見せるように、それ以外の日常使いのものをフラッシュ扉の中に収納しています。
実際食器以外の文具、書類、PCの周辺機器などが多く、この壁面収納を見ると「見せる部分」に目が行きますが生活に必要なものもしっかり収納できるようになったのがこのスペースなのです。

また、隣り合ってご主人のワークスペースがありますので、そのデスクに合わせて収納部分をOPENにしています。
OPENにしている部分はケーブルの配線やゴミ箱置場にできるように計画しました。

中央は器を見せるガラス扉です。
吊戸の左右側の扉は書類などが入れてもOKなフラッシュ扉、中央は器を見せるガラス扉です。

キッチンとの間の壁はセルフペイント

キッチンとの間の壁はF&BペイントのElephant’s Brtath (エレファントブレス)という色をセルフペイントしました。
私もお手伝いしましたが、基本的に建築主ご自身でペイントを楽しまれていました。

セルフペイントした壁とキッチン背面収納
セルフペイントした壁とキッチン背面収納

PHOTOALBUM

「コラベルがある暮らし」の概要

コラベルがある暮らし

暮らし方を改善するためのご提案「みゆう設計室」

家が少し古くなって仕上げをきれいにリフォームしたい、中古の家をもっと暮らしやすくリノベーションしたい。
また、これから中古物件を購入してリノベーションをしたいけれど、本当にリノベーションの方が良いのか、新築にしたら良いのか分からない。

そんな方に、住まいの見た目を良くするだけではなく、暮らし方を改善するためのご提案までできるのがみゆう設計室です。
リフォーム・リノベーションに関するお悩みはお気軽にご相談ください。

リノベーションの事例

リノベーションのいえづくりの流れ

みゆう設計室のリノベーションのいえづくりの流れをご紹介します。
リノベーションの場合は家づくりの流れがそれぞれ変わりますが、一例としてご紹介します。

お問合せとご相談

まずは気軽にメールフォームよりお問合せ下さい。

工事対象の家が決まっている(今の家、または中古物件購入済)場合は、建物の資料とご要望などを事前にメールでやりとりし、対象の建物に訪問しご相談・現地アドバイスをします。
初回相談は無料ですが、交通費実費分はご負担いただきます。

また、リフォーム・リノベーションをするか否か決まっていない場合、将来的にリノベーションをしたい、などの場合は「インテリア相談」として有償でご相談を伺います。

リノベーションデザイン

初回提案から設計契約まで

初回相談のあと、ご提案資料・希望により概算見積を作成します。
(ご提案費用:3~5万円 契約に至った場合は設計費用に含みます)

暮らし方、家事や子育てのしやすさなどを盛り込んだ設計図、模型、参考事例などでプレゼンテーションします。
そのあと、家づくりのパートナーとして気に入って頂けましたら設計監理契約をします。

設計規模に応じこのプレゼンテーションや設計契約について変わりますので、その都度相談の上前に進めていきます。

ショールーム見学

設計開始から工事契約まで

リフォーム・リノベーションの場合は設計の規模、工事範囲によって設計期間は大きく変わります。
1)暮らし方を考え、基本の間取りを決めます
2)水周りや家具などの詳細デザインを検討します
3)素材や住宅設備機器はショールームで、サンプルは現地で比較して選びます
4)予算との兼ね合いで「工事をする箇所」「工事をしない箇所」を決めます。

見積

工事見積とコスト調整

工務店への見積の出し方は2パターンあります
・工事業者さんを事前に決めて、コスト調整をしながら設計を進める
・実施設計完了後に数社相見積をとって比較検討する

見積内容の精査や減額調整、業者選定のアドバイスもします。
施工業者を決め、工事請負契約・工事着工となります。

リノベーション工事中

リフォーム・リノベーションの工事

リノベーションの場合は基本的に一度退居して頂いて工事を行います。小規模の場合は住みながら行うこともあります。

工事が始まると撤去の状況に合わせて設計図書通りに進められるか随時確認します。
補強や素材が追加となる場合や、設計変更になる場合はその都度報告しご提案、設計、増減見積の対応をします。

仕上げや素材もその都度確認しますので、ご安心ください。
工事が終わると完了検査を受け、お引渡しとなります。

家族が笑顔になるアイランドキッチン

暮らし始めてから

お引渡し後、暮らしがはじまることで「家」も機能し始めます。

暮らし方についてたくさんお話して決めた家ではストレスを感じることはありません。
小さなお子さんもすんなり暮らしに馴染む家ができます。

それでも暮らしてから見えることは有ります。
メンテナンスや、暮らし方が変わったときの工事が必要な時はいつでもアドバイス致します。

リノベーションにかかる費用

まずは予算をお伺いし、その予算に合う設計ご提案をします。

リノベーションは建物の状況、工事の内容によって金額が大きく変わりますので、「工事を行う部分」「工事を行わない部分」を判断し予算に合う計画をします。

設計費用は建築費の10~20%となります。

みゆう設計室の資料請求と設計初回無料相談

具体的に新築・リノベーションの設計をご検討の方には初回無料相談を行っています。

また、有料にはなりますが、「間取りの悩み」「インテリアの悩み」の相談も行っています。
新築・リフォームの予定はまだ少し先だという方、いつから家づくりを始めたら良いか分からない方も「インテリア相談」でアドバイス致しますので気軽にお問い合わせください。

資料請求の方に家づくりレシピプレゼント

家づくりレシピ

みゆう設計室がわかる「家づくり」の本プレゼント

資料請求をして頂いた方には「みゆう設計室の家づくりレシピvol.2」をお届けします。
A5版26ページ、写真たっぷりのいえづくりレシピ。女性目線、主婦目線の家づくり、家づくりのプロセスを紹介しています。
ちいさなインテリア雑誌のようなミニ冊子です。
手に取ってゆっくりカフェタイムに読んで頂けるようなちいさなRECIPEBOOKをつくりました。お気軽に資料請求してください。