サンルームがあり、上品な素材を使ったリフォーム

リビングの横にサンルームを設けました
リビングの横にサンルームを設けました

「陽だまりの家」の工事前は板張りであった玄関、リビングの壁。
空間の質を下げないように部分的に板張りを活かし、トイレや玄関周りに雰囲気の良いタイルなどを使うようにしました。

居心地の良いサンルームも床、壁はタイル貼りにしています。

玄関のファブリック調のタイル

エコカラット「クシーノ」
ファブリック調のエコカラット「クシーノ」を玄関に

工事前は板張りであった玄関の壁。

ビニルクロスにしてしまうと、板張りの頃のような存在感がなくなってしまうので、素材感のあるエコカラットタイルを貼りました。

玄関なので湿気やにおいも気にする空間。においの原因となる成分を吸着する効果なども玄関にはちょうど良いですね。穏やかな印象のご夫婦のお住まいなので、タイルといえどもやわらかい素材感を感じるファブリック調のエコカラットをご提案しました。

エコカラット

土壁をルーツに持つ「多孔質セラミックス(目に見えないほど微細な孔を多く持つ多孔質な窯業材料)」のインテリア壁材。LIXILのインテリアタイル。

リフォーム前の壁を一部だけ残したリビング

リビングのリフォーム前の板張り壁を一部だけ残しました。(撮影後に塗装仕上げをしています。)
天井高さを変えているので、間接照明を取り入れています。

本棚の背面の板張りは、もとの壁面の板。空間が連続して見えるように板張りの壁を本棚に再利用しました。

元のリビングの板張りの壁を活かす
元のリビングの板張りの壁を活かす(後日塗装しました)

心地よい暮らしを一緒に作りませんか?

LINE友達追加でいえづくりレシピPDFプレゼント

「陽だまりの家」のような家をつくるには

「陽だまりの家」の他の部屋について