森を望む家

北欧スタイルの家

室内の色々な場所から森を眺められる、平屋建ての新築住宅「森を望む家」。

敷地は郊外の住宅地。グランドピアノを上から見たような不整形な土地の横には小川が流れ森に面しています。道路側から見ると普通の住宅地ですが、家に一歩入ると別荘地のような森の景色を暮らしの中に取り込んでいます。北欧の住まいのように心地良い家になりました。
料理や片付けの仕方にこだわり、料理研究家の機能的なキッチンを目指してキッチンは引き出しなどが全くないオープンな収納に。洗濯、料理など、平屋であっても無駄な動線の無いお住まいです。

お客さまの声

ダイニングテーブルから見た森の風景
家事がしやすくて機能的な場所と、森を見ながらリラックスしてくつろげる場所が、ゾーニングされていてとても快適です。

同じごはんでも、この家で食べると本当に本当においしいです。
家のいろんなところに「居場所」ができて、暮らしやすくて住めば住むほど我ながらいい家です。
テレビの「住人十色」に出演したこともあり、素敵な家ね!と言われることが増えましたが、誰かに褒めてもらいたくて作った家ではなく、自分が暮らしたいように作ったからこの家ができたのです。

みゆう設計室さんと出会えて良かったです。

 

所在地 川西市
工事種別 新築 木造住宅 1階建
延床面積/建築面積 160.64㎡(48.5坪)/135.81㎡(41.0坪)
設計・監理期間 2011.8~2012.8
施工 株式会社 匠建築工房
オーダーキッチン 神戸スタイルキッチン
写真撮影 アサンテ・フォト

「森を望む家」のような家を建てるには