自然の香りは活かし悪臭は減る、呼吸する壁

お酒づくりの現場を見せてもらって、自然素材や自然な風の流れの大切さを実感しています。
「みゆうさん、日本酒に合う住まいって提案できるの?」と聞かれましたのでご紹介します。

日本酒に合う住まい

シラス壁
酒蔵見学に行きましたら、一番に感じたのが

「香り」

ものすごく良い香りが漂っているんです。
美味しいお酒をつくっているんだなあと感じる。

試飲させてもらったとき、良いお酒の香りがすごく豊かでした。
ああ、こういうお酒を楽しむための空間は、臭いを吸着する効果がある壁がいいな、と思いました。

多孔質で臭いを吸着してくれるのですが、自然の香りはちゃんと残してくれます。
和室のい草の香りや、アロマの香りなども残すそうです。

上の写真の壁は、高千穂シラスの室内用・中霧島壁。

化学的な臭いや不快なにおいの無い住まい

漆喰の壁
今まで採用した住宅で漆喰やシラス壁などを採用したお住まいでは

  • 嫌なにおいを感じたことがない
  • 焼き肉をした翌朝には臭いがなくなっている
  • 和室のい草の匂いがしっかり残っている
  • 嫌な結露がなくなった

という感想を頂いています。

化学的な臭いや不快なにおいを無くしたい。
なので、このような壁を使った家にしたいな、と思いました。

無垢の床板、漆喰の壁、畳の空間

畳の寝室
おそらく美味しい日本酒を飲むには、自然素材の呼吸する住まいが合うでしょう。
和室だから合う、というのではなく素材がフィットすると思うのです。
昔ながらの家に使われている素材のチカラはすごいですね。