なぜリビングに洗濯物の部屋干しをするか

梅雨時や日の短い冬は洗濯物の部屋干しをする日が増えますね。
我が家は浴室乾燥を使っていますが、機械を使わずに部屋干しされる方も多いと思います。

インテリア相談という業務をはじめてから、いろんな家に訪問してきましたが、リビングやリビングに隣り合った部屋(和室など)に部屋干ししているご家庭がとても多いです。

なぜ、リビングに干すのか。

主婦の皆さんなら分かりますよね。
いや、分からずに無意識にしているかもしれません。

なぜなら、一番日当たり、風通しが良いから=比較的乾きやすいから、なのです。

リラックス空間から洗濯物が見えない

片付けが苦手な人でも大丈夫なオープンキッチン
みゆう設計室が設計する住宅は、基本的にリビングダイニングから洗濯物が見えないようにプランニングしています。

LDKから洗濯物が見えると生活感丸出しになります。
リラックスできないですよね。来客があっても、洗濯物が見えてしまいますし・・・。

洗濯物から落ちるホコリや洗濯物を干すことによる湿気から、リビングのお掃除の手間も増えます。
リラックスする時間をつくるために、洗濯物を片づけないといけない。
その時までに乾いていなかったら!?

という思いからも、リビング付近で部屋干し外干ししないプランニングを考えています。

部屋干しできるインナーテラス

洗濯物を直に取り出せるインナーテラス
みゆう設計室の住宅設計の中で「これ憧れる!!」と一番言われるのが、この部屋干しできるインナーテラスです。

洗濯室とバルコニーの間に配置された、インナーテラス。

雨の日の洗濯物室内干しだけではなく、外干しするときも洗濯機から取り出してハンガーにかける作業ができるスペースなのです。
洗濯道具の収納スペースを確保し、干した洗濯物を片づける動線も短いという、家事動線をしっかり考えた空間です。

これだけのフリースペースですから、物干しとして使っていないときは、子供たちの格好の遊び場にもなります。
日当たりも良く、風通しも良い空間ですから。

またバルコニーが隣り合っているので外干しも可能です。

リビングダイニングからは丸見えではなく、でも同じフロアなので動線が良いインナーテラス。
リラックススペースから見えにくい絶妙な距離感なのです。

部屋干しできるインナーテラス

洗濯動線を短くする部屋干しテクニック

勾配高天井にホシ姫サマ
洗面所に隣り合って部屋干しスペースを作ったのが「インナーテラスのある家」ですが、洗面所に部屋干し機能を設けたのが「都会の小さな森の家」です。
勾配天井にして天井を高くし、電動で上げ下ろしできる「ホシ姫サマ(Panasonic)」を設けています。

共働き家庭だと、洗濯をする時間は短縮したいものです。
夜に洗濯をしたときに洗濯物を干して物干し竿を高い位置に上げると洗面所を利用するときにじゃまになりません。
そして朝洗濯物をハンガーのまま外干しすればよい。
もちろん天気の悪い日はそのまま部屋干しにしても。

トップライトを設け、室内にサーキュレーターを置けるよう電源配置もしているので、この空間でもよく乾くそうです。
洗濯機上には洗濯用ハンガー等のツールもすべて収納できるので、無駄な動きが少なくて済みます。

洗濯という家事を楽しいものに変える

2階フリースペースを家事の間に
「柚子の実る家」の家事の間は2階フリースペースに設けられています。
思い切ってこのフリースペースに洗濯機+乾燥機を設けています。
景色も良く、作業スペースもゆったりとしたこの空間で洗濯物を干したり取り込んだりできます。
また、洗濯機をこのスペースに持ってきたので、洗面所もゆったりとしたスペースを確保しています。

奥様、この家で暮らし始めてから家事をしている時間が楽しくなったそうです。
家事スペースを広く設けることは贅沢に思われるかもしれません。
家事に関連する作業・収納が楽になる空間をつくると、家事をする人の負担が軽減します。
喜んで家事ができるということは、とても幸せな暮らしだと思います。

自分がそういう風に家事がしたい、という思いから生まれるプランニングではありますが、お話を伺っていくとお客さまも同じように考えているとのこと。
今日も洗濯物を取り込むことを考えている主婦ならではのアイディアです。

このコラムに登場するお住まい

インナーテラスのある家

都会の小さな森の家

柚子の実る家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です