家づくりの自分スタイルの探し方~不安解消!自分に合う住まいの情報を選ぶ方法

家づくりの自分スタイルの探し方

家づくりの要望が凝り固まっていると感じたときや、間取り迷子になったとき、家づくりで自分たちが何を選んだらよいか分からなくなった時、みゆう設計室では「自分たちに合う家」を作るための道案内をします。

インターネットやSNS、情報サイトがたくさん増えた影響で、以前よりも家づくりの情報をたくさん集めやすくなりました。たくさん家づくりに関して学べるメリットはありますが、その情報通りにしたからと言って自分たちの家に良いとは限りません。例えば口コミで勧められているものを取り入れたいとき、それにこだわることで間取りがうまくいかず、他の要望と共存できなくて混乱することもあるようです。

今回は自分たちのスタイルの家づくりができるように「自分に合う住まい情報」を集める方法と情報の選び方について紹介します。

みゆう
みゆう

みゆう設計室では丁寧なヒアリングを行って、建築主の「作りたい家」を導き出しています!!家づくりに迷ってしまった方の道案内はお任せください。

「自分たちの家づくりに合う情報」を集める方法

いえづくり情報を集める

家づくり情報をたくさん集めることはとても良いことです。何も知らずに家づくりを始めてしまうと、どのような家なら自分たちが安心できるか、家事がしやすいか、片付けやすいかと考えずに家を作ることになるかもしれません。

営業担当や設計担当の方から、これが暮らしやすいですよ、これが今はやりで便利ですよ、と言われたままに家づくりをしても、それがあなたたちの家族にとって暮らしやすい家とは限らないのです。

大事なのは「自分たちに合う暮らし方」を家づくり情報から見つけることです。

1.「好き」と感じる家づくり情報をたくさん集めよう

家づくり情報

最初は「好き」と感じる家づくり情報をたくさん集めましょう。

【参考】集めていきたい家づくり情報
  • 便利だから採用したいもの
  • 安全そうだから採用したいもの(素材、設備など)
  • 好みのインテリア写真(全然違うタイプのものが集まってもOK)
  • 使いたいなと思う住宅設備の機能

良いと思った複数の情報に矛盾を感じてもOK。

その中でも「自分に合っている」「好きだなと感じる」ものを積極的に集めていくことをオススメします。

2.家づくり情報に対して「好きだと感じる理由」をメモしておく

自分たちに合う家づくり情報

間取り相談をしていると「なんでこのような家を建てたかったのかよく分からなくなってきた」と混乱している人がいます。

そう感じた時に振り替えることができるように、家づくりに関して気に入った内容が書いてあるホームページやSNSの投稿を保存し、合わせて「その情報が好きだと感じた理由」を記録しておくと良いでしょう。

ノートに手書きで書き込むのも良いですが、ノートよりどこにでも持ち歩く可能性の高いスマホに情報を集めるほうが簡単で苦になりません。スマホに書き込むのが苦手、という人は手書きメモを写真に撮って保存するのもGOOD!

スマホを使って記録!
  • スマホのメモ帳
  • LINEのKeepメモ
  • Pinterest
  • 自分だけ、もしくは家族だけが見られるSNS(Twitterやインスタグラムなど)←家族と共有できるのでオススメ
  • 手書き派の人は書いたものを写真に撮って、決まったフォルダに写真を集めておく

間取り相談を行うときに「ヒアリングリスト」に回答してもらうのですが、その内容は暮らしを見直す内容が多く含まれています。

そのため「家づくりに迷ったときにはもういちどこのヒアリングリストを読み返してみてくださいね」と伝えています。

混乱した時に「何の目的でこれを選び、何の目的で家を建てるのか」ということに立ち返れるように。そのような道しるべとなる場所を作っておきましょう。

自分たちに必要な家づくり情報を選ぶには

たくさん集めた家づくり情報から、今度は自分たちの家、自分たちの暮らしに合うものを取捨選択していく必要があります。

自分たちに合うものを選びにくい時は、その情報の「メリット」「デメリット」ばかりを見ずに、それを自分たちの家に取り入れた時の暮らしを思い浮かべてみると良いでしょう。

1.自分たちの家に取り入れたときの様子を思い浮かべてみる

例えば「キッチンとダイニングテーブルが横並びになった間取り」にしたい場合、新しい家でそのような暮らしをしている様子について家族で考えてみましょう。

【具体例】キッチンとダイニングテーブルが横並びの間取り

キッチンとダイニングテーブルが並ぶ間取り

キッチンとダイニングテーブルが横並びの間取り」は、キッチンで作った料理をすぐにテーブルに出せる家事ラクの間取りではありますが、キッチンで洗い物をしているとテーブルに水はねすることもある、キッチンをある程度片付けておかないと食事が落ち着かない、などのデメリットもあります。

向いている人
  • 調理をしながら片付けも進めてしまうタイプの人
  • 片付いていなくても平気なので料理の準備と片付けが楽な方が良い人
向いていない人
  • 一気に料理を作って片付けは食後に全部済ませるというタイプの人
  • ダイニングでリラックスしたい人

家族みんながどのタイプの人かによって選ぶべきかどうかが分かりますね。そのキッチンで料理をして食事をする家族の暮らしをイメージすることで自分たちに合うか否かが分かります。

「自分たちの暮らしに合うかどうか」という視点で情報を見られるようになると、自然に必要な情報が分かるようになりますよ!

2.信頼できる専門家からのアドバイスを受ける

家づくり情報

それでも家づくり情報や口コミをたくさん見てしまって混乱してしまったときには、信頼できる専門家からのアドバイスを受けたほうが良いと思います。

そのためには信頼できる家づくりのパートナー(住宅メーカー、工務店、設計者)を選んでおく必要もありますね。

みゆう設計室では家づくりに悩む人たちのために「いえづくりのセカンドオピニオン」も行っています。既に住宅メーカーと設計を進めているけれど、この判断で良いのか自信がない、設計担当が男性で家事のしやすさのアドバイスが不足している、という悩みのご相談が多いです。第三者に相談してみたい、というかたはお問合せくださいね。

「自分たちに合う暮らし」を知る方法

住まいの夢を綴るmyhomebook

みゆう設計室では一般論ではなく、その家族の暮らし方、家族みんなの個性、好みや性格を元に住宅を設計します。

つまり家づくりのベースとなるのは「自分たちの暮らし」。情報は自分たちの決めたことの補足となればよいのです。そう考えると家づくりがシンプルで分かりやすく、楽しめるものに変わっていきます。

みゆう
みゆう

それでは「自分たちの暮らし」を知るためにはどうしたら良いでしょうか。住宅設計のヒアリングの際に「今の家について」聞いています。まだ見えない将来の家より、今過ごしているについてもう一度よく見直してみましょう。

1.今暮らす家の好きなところ

家の好きなところ

まずは今の家の好きなところを考えてみましょう。家の悩みや不満に関しては簡単に言える人も多いのですが、家の好きなところは考えたことがなかった、という人もいます。

それなのに、新しい家ができた時に「前の家の良さ」がなくなるとがっかりするものなのです。

例えば「リビングの風通しが良い」「狭いけれどお互いの気配を感じられて良い」というように、できるだけたくさん今の家の良いところを集めてみましょう。新しい家の満足度を高めるためには、今の家よりも良いと感じる必要があるのです。

2.今暮らす家の悩み

今の家の悩み

今の家の悩みや不満も集めてみましょう。

新しい家づくりについて考え始めると新しいキッチン、新しい水回りなど、新しい設備や素材に目が行きがちになりますが、「あなたにとっての家事のしやすさを教えてください」と聞くと、新しくつくる設備に置き換えてイメージできない人も多いです。

今使っているキッチン、設備などであれば「どこが使いにくいか」「どのように使いやすく工夫しているか」が自分でもわかっていると思います。その使いにくさ、工夫についてメモしてみましょう。

3.今の家の長所と短所が一番理解しやすい「家づくり情報」

今の家の長所と短所

便利そうな新しい設備を選ぶだけなく、自分にとって便利なものを選ぶヒントは、今の家にあります。今の家の長所と短所、好きなところと不満なところをしっかり見つめてみましょう。

客観的に見るために家のいろんな場所(屋内、屋外共)の写真を撮ることもオススメ。写真で見るとうまく片付けられていないもの、使いにくいなと感じているものを客観視できます。

そうやって今の家をしっかり見つめなおすことで「自分たちに合う暮らし方」が何か分かります。今の家があなたたちにとって理解しやすい「家づくり情報」なのです!

どんな暮らしをしていても間違いではない

自分たちの暮らしを中心に考える。ということは、家づくりのベースとなる暮らしは「どんな暮らしでも良い」のです。答えは自分たちの暮らしの中にあるのです。

お風呂の洗い方、食器の洗い方、掃除の仕方、洗濯の回数。どんな方法でも間違いではなく、自分に合った方法で快適に過ごせればよいのです。

よく「この間取りで正しいかどうかアドバイスが欲しい」という間取り相談の依頼がありますが、正しいとあなたが判断できればそれで正しいのです。あなた自身が納得できるかどうか。これが正しさの基準だと私は思っています。

解決!!家づくり情報に迷っていた方の「スッキリ」事例

すっきり!

家づくり情報に迷ってしまった方たちが「スッキリ!」して解決したアドバイス、設計実例について紹介します。

どうやったらうまく片付けられる?

片付けやすい家

たくさんの収納本、インテリア雑誌などを読んで住まいについて学んできたA様。今までいろんな本を読んで工夫してもなかなか家の収納のしにくさに納得いかなかったようです。

新築するにあたってA様の片付け、収納の仕方を考え、どこに何を入れるのか考えて家を設計しました。自分に合う収納を作ったことで、深く考えなくてもノンストレスで片付けができます。

A様
A様

どんな家よりも我が家の収納が使いやすく家事がしやすい家になりました。今まで収納やインテリアの本をたくさん読んでいましたが、わが家が一番使いやすい収納なので、そのような本を読むこともなくなりました。収納本を読む時間もなくなり、片付けの時間も減ったので、趣味やリラックスに使う時間が増えました。

リビングはハイドア(高さのあるドア)にすべき?

わが家に合うドア

リビングは高級感を感じて天井が高く見えるように「ハイドア(高さのある扉)」にしておく方が良いと口コミで読んだB様。ハイドアは一般的な高さのドアより価格が上がるので、リビングのどのドアをハイドアにしたらよいか教えてほしいという相談でした。

天井までの高さがあるハイドアの場合、枠が目立たず、デザイン的にすっきり見えて開放感のある(天井高があるように感じる)空間になることが多いのですが、これはサッシ(窓)や他のドアとのトータルバランスで生まれるものです。ひとつのドアだけハイドアにしても、それほどの開放感は生まれない可能性があります。

むしろハイドアにするとドアが重くなり開閉が大変になることもあります。そのようにメリットデメリットをお話しするとB様は自分に合うのは普通の高さのドアだと気づかれたようです。

B様
B様

小さな男の子のいる家には重さのあるハイドアは不向きかなと気づきました。口コミを読んで思い込んでしまったところをプロの意見でメリットデメリット伝えてもらえてよかったです。

好きな色のタイルにしようと思ったけど…

わが家に合う色

好きなグリーンのタイルを使いたいと言われていたC様。サンプルを取り寄せていろんな組み合わせを試してみましたが、全体の色バランスにしっくりきていない様子でした。そこでお手持ちの家具や家電、そしてご家族の雰囲気に合う色のタイルをご提案してみました。

C様
C様

好きな色のタイルより、みゆうさんにアドバイスしてもらったタイルのほうが自分の家の家具や自分の雰囲気に合うことに気づいて驚きました。家に好きなものを取り入れたほうが良いと思っていましたが、それは思い込みだったのかもしれません。客観的に家や自分たちを見ると、わが家に合う色があるのだと分かりました。

まとめ:迷ったときにはシンプルに選べばよい

子どもと関わりやすい家

家とは家族がからだも心も休ませる場所です。だからこそ、こだわるところはどんなに小さなことでもこだわって良い。それほど気にならないところは、さらっと作ってしまえばよいのです。

わたしは自然素材の家にすべきです、とか、電磁波が気になるからIH調理器はだめです、とは言いません。私の意見とアドバイスはしますが、限定して否定することはありません。

メンテナンスに時間がかけられないご家族に「まめに手入れが必要な自然素材」を薦めても使いにくいだけすし、必要でない機器を入れても使わないだけです。

意外と、暮らしってシンプルです。

迷ったときにはシンプルだと思った方を選ぶ。欲張らずにシンプルに考えるとすっきりと自分に合う暮らしが作れると思います。

まとめ:家づくり情報で混乱した時に見直すこと
  • 「好き」と感じる家づくり情報を集める
  • 今の家を見直してみる
  • 迷ったときはシンプルに選ぶ
  • 混乱してどうしたら良いか分からなくなった時には、口コミ情報ではなく専門家の意見を聞く

たくさんの家づくり情報から何を選んだらよいか分からなくなってしまったときには、みゆう設計室にお問合せくださいね。

あなたたちの暮らしについてヒアリングから読み取り、暮らしにフィットした家を設計します。家づくりを楽しめますよ!!

みゆう設計室のいえづくり

遠方であったり、業者さんが決まっていたりして設計は頼めないのだけど「自分たちに合う家を作りたい!」という方には間取り相談、いえづくりのセカンドオピニオンも行っています。