3,500冊を収納できる本棚

キッチンとダイニングの間に設けられた本棚
キッチンとダイニングの間に設けられた本棚

「心が華やぐ家」のリビングダイニングには3,500冊の本が収納できる本棚があります。
ご家族と本との関わりについて話を伺い、この本棚をつくることをご提案しました。

好きな本と向き合える空間

キッチンのカウンター下に文庫が並ぶ
キッチンのカウンター下に文庫が並ぶ

本がとてもお好きなご家族。本との向き合い方は家族によって異なりますが、出会った本を所有していることが喜びであったご家族。
必要な本以外は古本屋さんに出したり図書館に提供したりすることを勧めることもありますが、本に囲まれた生活に喜びを感じていらっしゃるご家族にぴったりの家具を提案しました。

カウンター下部には文庫がたくさん入る引出し

たくさんの本が本棚の引き出しに一列に並ぶ
たくさんの本が本棚の引き出しに一列に並ぶ

3,500冊の本のうち、文庫や新書もかなりの冊数があったので、その本を収納するための工夫として奥行の深めの引き出し収納をつくりました。

奥行が深い本棚に文庫を前後に収納してしまうと、後ろに収納した本のタイトルが分からず、本を探すのに手間取ります。この本棚収納は、引き出しをあければ本の背表紙が見えるので、本の収納量に対して本を探しやすくなります。

文庫や新書が一目見て分かる深さの本棚引出し
文庫や新書が一目見て分かる深さの本棚引出し

ハードカバーの本はガラス扉の中に収納

ハードカバーの本はガラス扉の中に見せて収納
ハードカバーの本はガラス扉の中に見せて収納

実際は納戸に収納されていた本も多く、すべての本を把握するために一度全部の本の数量確認をして頂きました。
本の種類と数を把握することで、ハードカバーの本はガラス扉の中に入れて見せるように、文庫や新書は引き出しをあけたら一目で見て分かるように計画しています。

小物や薬なども収納できるスペース

薬などが入る小さな桐の小引出し
薬などが入る小さな桐の小引出し

ダイニングに置いているので生活に必要な小物や薬なども収納できるスペースも設けています。
小さな桐の引き出しの下部はOPENで、買い物用のバッグを引掛けられるようになっています。

キッチンサイドには薬など細かいものを収納する引き出し
キッチンサイドには薬など細かいものを収納する引き出し

カフェカウンターのように使えるダイニング本棚

広いカウンターなので作業台やバーカウンターにもなります
広いカウンターなので作業台やバーカウンターにもなります

飾る場所もできて、暮らしを楽しめる

本棚のコーナーには飾り棚を設けました
本棚のコーナーには飾り棚を設けました

心地よい暮らしを一緒に作りませんか?

LINE友達追加でいえづくりレシピPDFプレゼント

「心が華やぐ家」のような家をつくるには

「心が華やぐ家」の他の部屋について