古いものと共存するおもてなしキッチン


 

「昭和ガラスの家」のキッチンはⅡ型のステンレスキッチン。古さや自然素材と共存してステンレスが引き立つキッチンです。
シンク側はアイランドで、お友達がアイランドを囲んでホームバーになることもあります。

「庭の緑」を楽しむことをベースにしたキッチン

シンクのあるステンレスのアイランドキッチン。ここに立つと、庭の緑を感じてとても心地よいのです。
リノベーション前のお住まいで印象に残ったのが、玄関から入って正面に見えた「庭の緑」。
これは建築主も一番好きな空間のひとつ、と言われていました。
そのシーンを活かすために、シンクのあるアイランドキッチンの横には高い壁を設けず、LDKのどこからも庭の緑を感じられるようにしました。

庭の緑を楽しむキッチン
庭の緑を楽しめるキッチン

アイランドキッチンの横にはキッチンが丸見えにならない壁を

アイランドキッチンの横にはキッチンが丸見えにならない壁を設けています。
これは、建物の構造上必要な壁なのですが、この壁があることでコンロ側のキッチンが丸見えになりません。
キッチン側にはガス給湯器のリモコンを設け、下部にはザルなどをフックで引掛けることを想定して計画しました。

ダイニングから丸見えにならないキッチン
ダイニングから見たキッチン。手前の壁でコンロ側のキッチンが隠れます。

キッチンの横には庭に出られる勝手口を

キッチンの横には庭に出られる勝手口を設けました。
ここには家族である猫たちのトイレスペースや、掃除道具を収納するスペースがあります。
この勝手口からゴミ出しに庭に出たり、ゴミの仮置きにもつかえるスペースです。

庭にゴミ出しに出るための小さな縁側を設け、収納も設けています。
庭にゴミ出しに出るための小さな縁側を設け、収納も設けています。

土鍋など、個性的で重いお鍋の収納のために

土鍋やタジン鍋、中華鍋など個性的で重いお鍋をお持ちだった建築主。
ごはんも土鍋で炊いているので、頻繁に土鍋を使われています。いままでそれらの鍋の収納にとても困っていらっしゃいました。
キッチン収納の中段は引き出しにせずオープン収納にすることで、重いお鍋を両手で持ったままでも収納しやすくなりました。

キッチン収納の中段は引き出しにせずオープン収納にしました
キッチン収納の中段は引き出しにせずオープン収納にしました

お子さんが料理をするようになったキッチン

このキッチンになってからお子さんが料理を楽しむようになったそうです。
どこに何があるのか分かりやすくなったこと、作業がしやすくなったことが理由だと思います。
ガスコンロのグリルで焼くトーストがとても美味しくてお気に入りのようです。

古さや自然素材と共存してステンレスが引き立つキッチン
古さや自然素材と共存してステンレスが引き立つキッチン