畳敷きの主寝室

「岡山の家」の寝室は勾配天井の畳敷きの空間で、和モダンな畳敷きの寝室です。

畳敷きの主寝室

畳にお布団を敷いて眠りたい。
お子さんが小さい家庭では、添い寝をする家庭も多いので、畳の部屋が欲しいと言われるケースはよくあります。
でもいかにも和室、という雰囲気ではない方が良い、ということでシンプルな縁なし畳でカウンター収納がある主寝室をデザインしました。

テレビなどが置けるカウンターの足元は板間で間接照明を設けています。

テレビなどが置けるカウンターには足元に間接照明を
テレビなどが置けるカウンターには足元に間接照明を

洋室となじむ内装の和室

押入れは襖ではなくシナフラッシュの扉。
押入れ上部にはロフトを設けています。
隣合った書斎コーナーからロフトに上がることが可能です。

押入れの上部にはロフト
押入れの上部にはロフトを設けています

吹抜に開く窓、LDKや各個室ともつながる

吹抜とも面していて、とても心地よい寝室です。
吹抜の下はリビングダイニング、和室と隣り合って書斎コーナー、吹き抜けの奥(2階)は子ども部屋に面したフリースペース。
家族の暮らしがつながる吹き抜けです。

寝室の小窓から吹抜
寝室の小窓から吹抜を眺められます
寝室の窓から見た庇とバルコニー
寝室の窓から見た庇とバルコニー

「岡山の家」の概要

岡山の家