都会の小さな森の家

都会の小さな森の家新築工事

都市部の旗竿地の住宅を建て替えた「都会の小さな森の家」
前のお住まいで好きだった「小さなお庭」をさらに楽しめるようにリビングとダイニングから見える間取りにしました。

元の家よりも少しだけコンパクトな建物にして、その分、収納や家事動線を充実させた家をデザインしています。旗竿地は条件の悪い敷地だと思われがちですが、奥まっているからこそお庭が「都会の小さな癒しの森」になる、日々の暮らしがほっとする家になりました。

「都会の小さな森の家」の設計の特徴

ヌックのあるダイニング

庭を眺めるリラックス空間

都市部のコンパクトな旗竿地という条件を活かして、小さなお庭をリビングとダイニング両方から楽しめるようにデザインしました。ダイニングには小さなリラックススペース「ヌック」を設けました。

掃除機の定位置

収納力のあるバックヤード

玄関からシューズクローゼット、パントリーを通ってキッチンに入れる間取りです。このバックヤードにたっぷり収納できるので、リビングやダイニングはすっきりと過ごせます。

家事動線の良い洗面所

家事動線の良い洗面所

洗面所内に洗濯に関連する道具を全て収納でき、洗面所で洗濯物の部屋干しができます。すぐ隣にウォークインクロゼットがあるので収納も楽にできます。

グレータイルがおしゃれなキッチンコンロ周り

こだわりの素材

基本的にはナチュラルな白ベースの素材を選びながらも、部分的にこだわりの素材を使用。キッチンのタイルはおしゃれなグレーのタイルにマットホワイトのブラケット照明を使いました。

間仕切りのある子ども部屋

コンパクトな子ども部屋

造り付けのデスク収納を設けたコンパクトな子ども部屋は間仕切りを撤去すれば広い1部屋に。1面壁をグレーのアクセントクロスにしました。

独立するリビング

居場所を複数に設けた家

リビングダイニングを敢えて分けて、引き戸をあければ一体に使えるようにしています。複数の居場所があることで、その時に心地良いと感じる場所で過ごすことができます。

お客さまの声

設計の間、暮らし方や片付け方について、たくさんお話して一緒に考えたので、どんな家よりも我が家の収納が使いやすく家事がしやすい家になりました。
無駄なことを考えずに家事ができる機能的な家です。

時間に余裕ができて趣味やリラックスに使う時間が増えました。

庭を愉しむ時間、朝陽を浴びてヨガをする時間、コーヒーを飲みながら読書をする時間、どれも楽しいです。

特に洗濯関連の家事がとても楽になりました。
洗濯機の近くで洗うところから片付けるまですべての動作ができるので家事の時間を短縮することができ、夜のうちに洗濯物をハンガーにかける作業までできるのがとても楽になりました。

所在地 神戸市
工事種別 新築 木造住宅 2階建
延床面積/建築面積 95.24㎡(28.8坪)/52.27㎡(15.8坪)
設計・監理期間 2016.8~2017.8
施工 株式会社 匠建築工房
オーダーキッチン 神戸スタイルキッチン
写真撮影 アサンテ・フォト

「都会の小さな森の家」のような家を建てるには