本当に家事が楽になる?家事動線が短い間取りの失敗例

後ろに水回りゾーンがあるキッチン

「家事が楽になる間取り」で検索してみると、面白い間取りがたくさんあるのですが、家事動線が短いけれど使いにくなという感じる間取りもあります。

動線を単なる「移動の距離」として考えてしまうため、動線の短い間取りが便利で家事がしやすいと錯覚してしまうのです。

「家事動線が短い」という表現で紹介されている間取りも、実際に使ってみると不便だったということがあります。これが「家事ラク間取りの落とし穴」です。

これ、本当に家事ラクになる?家事動線が短い間取りの失敗例

キッチンから洗面所に直接入れる間取りを「家事動線が短い間取り」 と表現することがよくあるそうです。

キッチンと洗面所が近いと、家事をする場所同士が近くなる。そう思われていますが、実際キッチンでする家事と洗面所でする家事の連動性は高くありません。

洗面所のメイン入り口がキッチンからそう遠くないのに(そう、多くは隣り合っているんですよね)、キッチンから直に洗面所に入れるドアがある。
そうすると・・・その分、収納力が落ちる。
マンションでこの間取りがよく見られます。

家事ラク間取りの落とし穴

「家事動線の短い家」で家事ラクにするには

キッチンと洗面所の往復は一日に何回しますか?それ以上にキッチン単独での家事「料理」、洗面所単独での家事・育児「洗濯」「子どもの入浴」などの機能を満たす収納がある方が便利なのです。

実際にこの回遊性や家事動線の短い間取りに対して「収納が足りない」と相談を受けることが多く、「家事動線を短く」する価値がない間取りの家もあるのです。

必要な場所に必要な収納があることも「家事動線の短い間取り」です。
例えばキッチンと洗面所が近いという意味合いでの「家事動線が短い」ことが、あなたにとってどれくらいメリットあるのかを考えて間取りを決めましょう。

家事動線の短さがメリットになるようであれば、それは「家事ラクな間取り」になります。

この記事チェック!

片付けしやすいパントリー片付けやすい家のつくりかた~収納は量より質!!「使いやすい収納」で家事ラク間取りの家に。

【実例】キッチンと洗面所が繋がって便利な間取り

収納ロスの無い回遊できる水周り動線

キッチンと洗面所が近くて繋がっていて、家事動線が短くて便利な間取り事例を紹介します。
写真は「家族が集う家」のキッチンからパントリー、洗面所を見た写真です。

キッチンは壁向きであり、Ⅱ型のキッチン奥の中央引戸からパントリー、さらに奥には洗面所・洗濯室があります。
パントリーには収納・マルチシンク・勝手口があり、土間があるのでゴミの一時置きやゴミ出しも楽にできます。

この動線がリビング側から見える位置ではないのも長所。
バックヤードが一列に並び出入り口によって減る収納もありません。
また、洗面所のメイン入口の隣はトイレ。廊下が短く計画されていて、無駄のない間取りです。

【実例】回遊できるウォークインクロゼット

主寝室から見たウォークインクロゼット

つぎは「インナーテラスのある家」のウォークインクロゼット。

寝室から見た写真ですが左側の入り口は書斎スペースとつながる扉で、右側の扉がウォークインクロゼットの扉です。

このウォークインクロゼットは、廊下からも入れます。
2階で干した洗濯物を持ってきて、すぐにウォークインクロゼットに収納できます。

ご主人のための書斎スペースが寝室の隣に。
お仕事を持ち帰って自宅で作業をされる時、集中してクローズしたいときは寝室への行き来にウォークインクロゼット内を通ることが可能です。

これは、もともと、収納内も風を通すために扉を設けたのですが、扉分少しだけ収納が減っていても、機能の方が優位に立っているケースです。

回遊できる収納スペース

【実例】収納ゾーンが一列に並ぶ間取り~シューズクローゼット・パントリー

収納ロスの無い間取り

収納ゾーンを一列に配置すると収納ロスが減ります。
「都会の小さな森の家」は、玄関から入ってシューズクロゼット、洗面台、キッチンパントリー→キッチンと繋がる間取りです。

洗面台の背面にはLDKからの廊下があり、トイレに近接している回遊間取りです。

まとめ:家事動線が短い=家事がしやすい間取りにする

実際、家事動線が短いと家事はしやすくなります。
ですが、その家の間取り、配置によっては収納を減らしてしまうこともあります。

収納が減ることと家事動線の短さを天秤にはかって、どちらがその家の暮らしにとってふさわしいのか、また、他に代わりとなる収納を設けることができるのか、メリットを最大限活かせる間取りを選びましょう。

まとめ
・回遊できて、家事動線が短い間取りの場合、収納が不足しないか確認する
・収納ゾーンは横一列に並ぶと便利
・「家事動線が良い」理由を見極めて、その動線の短さが自分にとってメリットか考える

「家事ラクな動線の家」を設計します!

みゆう設計室は女性一級建築士が育児・家事と仕事の両立に奮闘し、その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計しています。

「こうしたらもっと楽に家事ができそう!」と自らの経験を活かして住宅設計をしているので、家事が楽な家を一緒に考えて、子育てファミリーでも安心できる家を設計します。

今までにこのような「家事ラクな動線の家」を作ってきました。

キッチンの近くに自由度の高い収納があって便利!
洗濯の一連の動作がスムーズにできてとても楽な間取りです
あまり動かずに料理も洗濯もできてびっくり!
家事を時短したい!という方はぜひおまかせください!あなたの「家事のしやすさ」を共に考え、暮らしや習慣に合った間取りを考えます。一緒にいえづくりを楽しみましょう!!

みゆう

片付けやすく暮らしやすい家を作りたいという方はぜひみゆう設計室にお問合せくださいね。
ミニ冊子「いえづくりレシピ」もプレゼントしています。

資料請求

このコラムに登場するお住まい