家事動線が短い間取りの失敗例~その動線、本当に家事が楽になる?

家事動線が短い間取りの失敗例

「家事が楽になる間取り」で検索してみると、良い間取りがたくさんあるのですが、家事動線が短いけれど使いにくなという感じる間取りもあります。

動線を単なる「移動の距離」として考えてしまうため、動線の短い間取りが家事がしやすいと錯覚してしまうのです。「家事動線が短い」という表現で紹介されている間取りも、実際に使ってみると不便だったということがあります。これが「家事ラク間取りの落とし穴」です。

みゆう
みゆう

「いえづくりレシピ」は女性一級建築士みゆうが書いています。年子兄妹の育児・家事と仕事の両立に奮闘してきました。
その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計しています。

家事動線が短い間取りに見えるが、意外と不便な間取り

キッチンから洗面所に直接入れる間取りを「家事動線が短い間取り」 と表現することがよくあります。「キッチンと洗面所が近いと家事をする場所同士が近くなる。」そう思われていますが、実際キッチンでする家事と洗面所でする家事の連動性は高くありません。

キッチンと洗面所、一日に何往復していますか?

家事が楽になるようにキッチンと洗面所が近い方が良い家にしたい、という人も多いのですが、その時に「キッチンと洗面所、頻繁に往復しますか?」と聞きます。

Aさん
Aさん

洗面所でお化粧をしながら、朝食の準備や朝の準備をするので何度も行き来します!

みゆう
みゆう

Aさんのように、キッチンと洗面所を何往復もする人の場合は洗面所とキッチンは隣り合うほうが良いですね!

Bさん
Bさん

私は洗濯をドラム式の洗濯機で乾燥までしてしまうので確かにあまり洗面所とキッチンの間は往復しないかもしれません。朝もお化粧はリビングでしてしまうので、洗濯機を回して顔を洗ったらしばらく洗面所には行っていないかも。

みゆう
みゆう

Bさんのように、キッチンと洗面所との間をそれほど往復しない人の場合はキッチンと洗面所の距離より、料理という家事と洗面所で行う家事それぞれが楽にできるほうが良いですね。

キッチンで行う家事と洗面所で行う家事の連動性はあまり高くない

料理と洗濯の家事の連動性

キッチンと洗面所が近いことで家事が楽になることといえば・・・

キッチンと洗面所が近いことで家事が楽になること
  • キッチンで使うタオルを洗濯に出せる
  • 夜ご飯を作っているとき、片付けているときに、お風呂に入っている子どもの様子が見られる
  • 洗濯機が止まった瞬間が分かる

他にもあるかもしれませんが、あまり多くないのですよね。キッチンで作業をしているときにはお風呂には入らないという人も多いでしょうし、洗濯が終わった瞬間がすぐに分からなくても良いのかもしれません。

つまり、キッチンで行う家事と洗面所で行う家事はあまり連動性が高くないので、キッチンと洗面所が近接するよりもキッチンで必要な家事がキッチン回りでできること、洗面所で行う家事が洗面所近くで行えることの方が家事ラクな動線になるのです。

【失敗例】キッチンと洗面所間の動線が短いことで収納が不足する

動線が短いことでデメリットになりがちなのが「収納が減る」ことです。回遊できる間取りはとても家事ラクなように見えますが、その分収納が減っていることに気づかない人も多く見られます。

家事ラク間取りの落とし穴

洗面所のメイン入り口がキッチンからそう遠くないのに(そう、多くは隣り合っているんですよね)、キッチンから直に洗面所に入れるドアがある。
そうすると・・・その分、収納力が落ちる。マンションでこの間取りがよく見られます。

「家事ラク動線の家」と謳って、その動線の短さをアピールする広告もありますが動線の短さと収納量を比較して判断しましょう。動線以上にキッチン単独での家事「料理」、洗面所単独での家事・育児「洗濯」「子どもの入浴」などの機能を満たす収納がある方が便利なのです。

この記事チェック!

家事ラクなのは「動線」だけでなく、必要な収納がその場にあること

実際に「回遊性のある動線」や「家事動線の短い間取り」に対して「収納が足りない」と相談を受けることは少なくありません。家事動線を短くすることがデメリットになる家もあるのです。

必要な場所に必要な収納があることも「家事動線の短い間取り」です。例えばキッチンと洗面所が近いという意味合いでの「家事動線が短い」ことが、あなたにとってどれくらいメリットあるのかを考えて間取りを決めましょう。

この記事チェック!

家事動線の良い間取り実例

【実例】キッチンと洗面所が繋がって便利な間取り

収納ロスの無い回遊できる水周り動線

キッチンと洗面所が近くて繋がっていて、家事動線が短くて便利な間取り事例を紹介します。

キッチンは壁向きであり、キッチン奥の中央引戸からパントリー、さらに奥には洗面所・洗濯室があります。パントリーには収納・マルチシンク・勝手口があり、土間があるのでゴミの一時置きやゴミ出しも楽にできます。この動線がリビング側から見える位置ではないのも長所。バックヤードが一列に並び出入り口によって減る収納もありません。

【実例】回遊できるウォークインクロゼット

主寝室から見たウォークインクロゼット

廊下からも寝室からも入れる回遊できるウォークインクローゼットをご紹介します。

寝室から見た写真ですが右側の扉がウォークインクロゼットの扉です。このウォークインクロゼットは、寝室からだけではなく廊下からも入れます。2階で干した洗濯物を階段上のウォークインクロゼットにすぐに収納できます。

ご主人のための書斎スペースが寝室の隣に。お仕事を持ち帰って自宅で作業をされる時、集中してクローズしたいときは寝室への行き来にウォークインクロゼット内を通ることが可能です。

扉がある分少しだけ収納スペースが減るのですが、減った収納スペースよりも衣類の片付けのしやすさが優位に立っているので、このケースでは動線が短いことがメリットとなっています。

回遊できる収納スペース

【実例】収納ゾーンが一列に並ぶ間取り~シューズクローゼット・パントリー

収納ロスの無い間取り

収納ゾーンを一列に配置すると収納ロスが減ります。「都会の小さな森の家」は、玄関から入ってシューズクロゼット、洗面台、キッチンパントリー→キッチンと繋がる間取りです。

帰宅時にシューズクローゼットでバッグやコートを置き、手洗いで手を洗い、パントリーでストック品や食品を収納する。とてもスムーズな家事ラク動線の家です。

【実例】キッチンと遠くても便利な洗面所

勾配高天井に干し姫サマ

キッチンと洗面所が近い方が良い、という人も多いですが、キッチンは1階、洗面所は2階にすることで洗濯に関連する作業がとても楽になるケースもあります。

洗濯物はバルコニーで干す人も多いですからね!洗濯物を干す場所と洗う場所、片付ける場所が近いと家事がとても楽になります。

まとめ:家事動線が短い=家事がしやすい間取りにする

実際、家事動線が短いと家事はしやすくなります。
ですが、その家の間取り、配置によっては収納を減らしてしまうこともあります。

収納が減ることと家事動線の短さを天秤にはかって、どちらがその家の暮らしにとってふさわしいのか、また、他に代わりとなる収納を設けることができるのか、メリットを最大限活かせる間取りを選びましょう。

まとめ
  • 回遊できて、家事動線が短い間取りの場合、収納が不足しないか確認する
  • 収納ゾーンは横一列に並ぶと便利
  • 「家事動線が良い」理由を見極めて、その動線の短さが自分にとってメリットか考える

本当に家事動線の良い家をつくるなら!

みゆう設計室のいえづくり

みゆう設計室では家事の仕方をヒアリングし整理します。自分の家事の仕方に合う収納位置、収納量の合う家を作ると家事がとても楽になります。

あなたにとっての家事動線の良い家を作りたい方はみゆう設計室にお問合せください。

みゆう
みゆう

家事負担を軽減した家をつくりたい!という方はぜひおまかせください!あなたの「家事のしやすさ」を共に考え、暮らしや習慣に合った間取りを考えます。一緒にいえづくりを楽しみましょう!!

また、遠方なので設計のセカンドオピニオンや間取り相談だけをしてほしい、というご依頼にもお答えしています。

間取り相談も行っています!

みゆう間取り相談室

「みゆう間取り相談室」では主婦・母目線で住宅設計をしている女性一級建築士が間取り相談、間取り診断を行います。
家づくりのセカンドオピニオンとして家づくりのアドバイスを行うプランも設けました。

購入予定・計画予定の間取りに迷いを感じている方、子育ても家事もしやすい家の間取りを提案してほしい方、遠方でみゆう設計室に設計監理は頼めないけれど相談に乗ってほしいという方はぜひご利用ください。