空間によって使い方を変えるインテリアファブリック


 
「ナチュラルモダンな家」の窓周り演出、壁紙は空間によって変えています。
壁紙のクロスも部分的に柄の入ったアクセントクロスを取り入れ、空間づくりを楽しんで頂きました。

ベースはシルバーの花が描かれたレースカーテン

設計アドバイスの間、内装よりも先に決まったのがカーテンでした。
建築主のイメージにぴたっとはまった素材で、そのカーテンをインテリアのデザインベースにできました。
濃茶の厚地は家具の色、シルバーはキッチンの色、というように色のトーンを合わせ、それに合うように床材なども選びました。

フジエテキスタイル タンドレスFA1649SL
フジエテキスタイル タンドレスFA1649SL

間仕切りに濃茶のロールスクリーン

洗面所、家族用玄関などではドアにせずロールスクリーンを設けました。
間仕切りにロールスクリーンを使う場合は白を使うケースが多いですが、家具やカーテンなどで濃茶を使用しているので空間になじみます。

洗面所前に設けたロールスクリーン
洗面所前に設けたロールスクリーン

一部にお気に入りの柄の壁紙を

洗面所やトイレなど、ベースとなるLDK以外の空間では色や柄の入ったクロスを使用しています。
甘すぎない花柄やグレーの壁紙などを用いました。

グリーンベースの花柄のクロス
グリーンベースの花柄のクロス

機能に合わせてレールやタッセルを変える

ユーティリティのカーテンは、洗う時の取外しを考えてマジックテープでリングにかけるタイプにしました。
厚地はリボンにして愛らしく。
カーテンホルダーは引掛けるウッドタイプのものに。
リビングはカーテンに合わせて濃茶のリングタイプ、小さな窓はシンプルなレールを使い、機能に合わせてレールやタッセルを変えました。

リボンタイプのカーテンリング
リボンタイプのカーテンリング