収納はそんなに多くいらない

今お手持ちの「もの」を、使いやすく収納できるように「収納配置」、「収納のかたち」をデザインしています。
どのお住まいにもたっぷり収納を設けています。
そんな私が「収納はそんなに多くいらない」と言うとおかしいかもしれません。

でも、「暮らし方」「居場所」「使いやすい収納」のバランスでデザインしているのにも関わらず、建築主から収納に対して「足りるかな・・・」と心配されるケースは結構多いのです。

「もの」に対して思うこと

一目で見てわかる収納
収納やくらしへのオーガナイザーさんのアドバイスを入れて設計することがあります。
このような打合せ、おもしろくて大好きです。

周りからみたら不要に見えるものにも「気持ち」が入っていて捨てることができないもの。
そして、扱いが苦手なもの。
お気に入りのもの、頻繁に使うもの。

「もの」に対して向き合ってみると、置くべき場所にフィットしてないのでフィットした収納が欲しいと思う傾向があると思います。

少し持ち物の量を減らすことを前提とする時もありますが、基本的には

  • 収納すべき場所に収納する場所があるか
  • 収納しやすい場所に「必要なもの」が収納できるか

意外と必要な時に必要なものが取り出せないのが原因で、モノを購入してしまうことがあります。
必要なものがどこにあるか分からないからですね。

そういう「無駄買い」を避けためにも、フィットした場所・スペースに収納できる計画が必要です。

把握していない「もの」も意外と持っています

オーガナイザーさんから、季節外の大物をいれるスペースはもう少し欲しいですね!という指摘を受けたことがあります。
打合せの間は見えない押入の奥に入っているようなものは私でも把握できないことがあり、そして建築主も意外と把握していません。
建築主に持ち物をリストアップして頂くと、持っていることを忘れていて、リストに入っていないものは結構ありますから。
引っ越し作業をするときに初めて気づくものもあります。

実際収納のプランニングにはそれくらいの余白は設けているので困ったことはないのですが、それくらい奥まった収納は把握できない「もの置場」なのです。

でも、その把握していないものを「必要」だと思うか、「処分しても良い」と思うか。
それを全て処分させるのではなく、使わないけれども保管したい物用の収納スペースは必要です。

収納スペースが足りない恐怖症

アンティーク家具
建築主が収納量に不安を感じていても、オーガナイザーさんと私が「これで十分おさまります」と言うケースがあります。
家に対して収納と収納するモノが多すぎると生活もしにくくなりますが、不足していると心配になるみたいです。

住まい相談でも、なぜその収納家具があるのですか?というお住まいが結構あります。
収納スペースが足りない恐怖症なのです。

収納する場所が無い、という場合、収納するための家具を購入するのではなく

  • 本当にその部屋で使うものなのか
  • その部屋に置いている他の家具に収納できないか
  • その収納以外の場所に収納しても良いものがあれば置き換えられるか

ということを一度考えることをオススメします。

実際は家と比較して持っている物が多いケースが多いです。
自分たちの生活に必要な「もの」と、これ以上増えたら生活し辛くなる「もの」のキャパを感じて暮らせると、きっと暮らしやすいんだろうと思います。

それを一目で見て分かる住まいをデザインしたいと思っています。
使わないものを、奥にしまって長年忘れてしまうような家にはしないように。

収納家具がひとつ増えると、家が狭くなる

リビングまわりのたっぷり設けた収納
収納家具がひとつ増えると、家が狭くなるというように思うとよいと思います。

そして、収納家具が増えれば物も増える。
そのあたりを意識すると、収納家具を安易に買わなくて済むと思います。

家と持ち物にフィットした造作家具をつくると収納量も増え、持ち物を把握しやすくなるのでオススメしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です