ワゴンを活かしたキッチン背面収納


 
「居心地の良さがうまれた家」のキッチンに素敵な食器棚があったのですが、手前に家電収納や冷蔵庫があり、食器棚の良さが活かされていませんでした。
そこでキッチンの収納と使い勝手を見直した造作家具を設置し、食器棚を活かせる配置に変えました。

見た目の良さを前面に出す

冷蔵庫の位置を変えて、冷蔵庫と家電置場だった場所にキッチン背面収納を設けました。
リビング側から見にくく、キッチンに近い右側のゾーンに家電収納スペースを設け、よく見える左側はキャスター収納や引き出しに。

お住まいの雰囲気に合わせた扉の面材にして、真鍮古美色のツマミ、ハンドルをセレクトしました。
扉はシナの濃茶塗装で、カウンターは汚れても良い白のメラミンにしました。
キッチン背面収納にはゴミ箱用のキャスターワゴンと、ホームベーカリー用のワゴンがあります。
それ以外のスペースで家電の定位置、食器などを収納する引き出しを設けています。
見た目をシンプルにしたので、お気に入りの食器棚も活きておしゃれなキッチンに変わりました。

キッチンに家電も置ける造作家具を設置
キッチンに家電も置ける造作家具を設置
工事前のキッチン
工事前のキッチン

家族の気配を感じる小窓

キッチン背面収納を設けた壁面に2か所小窓を設けました。
ひとつめは、カウンターと吊戸の間にある正方形の小窓で玄関とつながっています
ふたつめは、トースターやレシピ本を置くオープン棚の上部に設けた横長の小窓で、階段とつながっています。
横長の小窓の奥は階段で、ちょうどお子さんが覗きこめる高さになっています。
なかなか一人で子供部屋や寝室に行きにくかったようですが、この小窓がつくことで安心して2階に上がれるようになったようです。
このガラスを設けたことで夜お仕事から帰ってこられたご主人が家族の暮らしの灯りを感じたとのこと。
そういう家族の気配を感じる暮らしづくりに協力できて良かったなと思っています。

玄関とキッチン背面収納の間に設けた小窓
玄関とキッチン背面収納の間に設けた小窓