家族の気配を感じられる子ども部屋

「インナーテラスのある家」の子ども部屋はフリースペースと一体となった空間です。

子ども部屋とフリースペースは引戸で間仕切りすることが可能です。
ご主人の書斎コーナーや寝室とも連続する空間になっています。

個室として使うようになるまでは、家族の気配を感じられる安心できる空間です。

2枚の引き戸を引きこむとフリースペースと一体に使える子ども部屋です。
2枚の引き戸を引きこむとフリースペースと一体に使える子ども部屋です。

フリースペースと一体に使える子ども部屋

お子さんが小さいうちは、子ども部屋を設けていても使われない部屋になることが多いようです。
子どもが大きくなったら使う、という想定ではもったいない。
子ども部屋は小さいころから使えて、大きくなったら個室として使えるよう、そして子どもが独立した時には夫婦が空間を有効活用できるような間取りにしておくことを勧めています。

部屋はコンパクトですがフリースペースと子ども部屋用のウォークインクローゼットを合わせるとゆったりとした子ども空間になります。
学習机が必要になったら、フリースペースに机を並べる予定です。

子ども部屋のカーテンは外から見えにくいふんわりとしたミラーカーテン。
無垢のヒノキフローリング、高千穂シラスの左官壁、ふんわりとやさしい素材のカーテン。
やさしい素材が集まる子ども部屋です。

やさしい素材感の子ども部屋
やさしい素材感の子ども部屋

「インナーテラスのある家」のリビングダイニング、フォトギャラリー

※画像をクリックすると拡大します。

「インナーテラスのある家」のような家を建てるには

̃y[WVFA

資料請求の方に家づくりレシピプレゼント

家づくりレシピ

みゆう設計室がわかる「家づくり」の本プレゼント

みゆう設計室で新築・リノベーションの設計をしてほしい、という方の初回ご相談は無料で行っています。

資料請求をして頂いた方には「みゆう設計室の家づくりレシピvol.2」をお届けします。
A5版26ページ、写真たっぷりのいえづくりレシピ。女性目線、主婦目線の家づくり、家づくりのプロセスを紹介しています。
ちいさなインテリア雑誌のようなミニ冊子です。お気軽に資料請求してください。